Windows Vista で仮想ドライブ作るなら Virtual CloneDrive

Windows Vista へのアップグレードでハマリまくってます・・・で書いたように Vista と Daemon Tools は相性が悪いです。各所では Daemon Tools 4 系は Vista で動作すると書いてあるのですが、ウチの環境ではまーったく何度やってもインストールできません。

英語版ではうまくいくのかしら? Vista が RC 版の時は動いていた記憶があるのだが・・・

現在公開されている最新版 daemon408-139-x86.exe をインストールしようとすると、再起動しろとひたすら言うだけ。まったくムカツク

cd01.jpg

ちなみにウチの環境、Vista の User Acount Control(ユーザアカウントコントロール)は off にしています。それでもダメ。UAC を off にして ver 3.33 を入れるとうまくいくという報告もありますが、この際ソフトを変更することにしました。

- スポンサーリンク -

Vista で動くらしい仮想ドライブソフトは

あたりがメジャーらしいです。評判が良さそうなのが Virtual CloneDrive だったので早速インストールしてみました。この記事を書いている時点での最新版は SetupVirtualCloneDrive5145.exe です。

普通に日本語版が公開されているのでインストールも非常にわかりやすいです。

cd02.jpg

途中でデバイスの選択ウィンドウが開くので、OKと許可をしてあげる。

cd03.jpg

1分程度でインストール完了です!

cd04.jpg

デスクトップ上に設置される Virtual CloneDrive をクリックすると初めは設定ウィンドウが開きます。ここもデフォルトの設定のままでOKです。

cd05.jpg

ちゃんと仮想ドライブができてます。

cd06.jpg

実際の動作感としては Daemon Tools の方が上という意見が多いようですが、ちょっと使う分にはこれで全然問題なさそうです。これで、いちいち CD を入れろとうるさいこと言われてもすぐにマウントできて XP 時代の使い勝手にちょっと近づいてきました・・・(苦笑

- スポンサーリンク -