YST のインデックスがフルアップデートされてどうなった?

YST (Yahoo! Search Technology)つまりは Yahoo! 検索エンジンのことなのだけど、インデックスがフルアップデートされたようです。今まではこの手のネタは Yahoo! Inc. のブログで告知されていたのです蹇∈2鵑離▲奪廛如璽箸呂なりコア部分の変更があるらしく、日本のスタッフブログでも告知されました

Yahoo!検索Projectです。
Yahoo!が開発しているウェブサーチエンジン「YST」のインデックスをフルアップデートしましたのでお知らせいたします。
YSTでは、機械学習や自然言語処理技術を用いたコンテンツ解析、その他機能の研究開発に注力しており、それをインデックス全体に適用することで、検索結果が大幅に改善されます。当然それには順位変動を伴いますが、その影響を考慮して、今回から、実験的に実施報告をこの場で行っていきたいと考えています。
しかしながら、YSTインデックスを最新の状態に保つためのクローリング+インデックス更新は、時々刻々実施しており、毎回アナウンスするものではありません。

検索エンジン利用および、サイト運営の一助になれば幸いです。

- スポンサーリンク -

どうやらインデックスの更新は2月28日に公開された NOYDIR という META タグのルールにあわせたものらしいですね。NOYDIR という META の説明は、「Yahoo!、ディレクトリのタイトル&説明文引用を拒否する「NOYDIR」を公開 :: SEM R」にわかりやすく書かれていて、

Yahoo!検索は、検索結果にヒットしたページがYahoo!ディレクトリに掲載されている場合、タイトルと説明文(スニペット)をYahoo!ディレクトリ掲載文言から引用してくる場合がある。しかし、Yahoo!ディレクトリ掲載文章はディレクトリ検索を前提とした文章であってページ単位で検索するウェブ検索に最適化されたものではないため、かえってWebサイトの内容を適切に伝えられず、サイト運営者から見ればクリック機会の損失という不満を抱えていた。
Yahoo!が今回サポートしたNOYDIRは、DMOZ (ODP, Open Directory Project)の引用を拒否する NOODP タグの Yahoo!版で、NOYDIRをつけたページについてYahoo!ディレクトリに登録されていてもページのタイトルタグ及び文章中からタイトルと説明文が生成されるようになる。

のようです。今までも Yahoo! の検索エンジンの検索順位の変動は2ヶ月単位くらいでかなり激しく上下して安定しなかったのですが、今回はそれ以上に検索順位が上下し、かつその結果が当面続きそうな感じです。

ちなみにこのサイトの Yahoo! 経由のアクセス数の変動をここ1年で見てみるとこんな感じ。
定期的に上下して氷河期がやってきます・・・(苦笑

YST01.jpg

直近2ヶ月に絞り込むとこんな感じ。今回のインデックスのフル更新で氷河期に入りました・・・(涙

YST02.jpg

正直、こうも毎度毎度順位が上下すると Yahoo! 向けの SEO って何だろう?とわけがわかんないです。今回はスタッフブログにも書かれている、

・ 機械学習や自然言語処理技術を用いたコンテンツ解析
・ 検索結果が大幅に改善されます

に着目するとすれば、より充実した内容のコンテンツを、ちゃんとした日本語の文法と HTML の仕様に準拠してコンテンツを作成していくしかなさそうですね。検索結果が大幅に改善したとあるけど、普段 Yahoo! を使っていないのでどうなんでしょう?使っている方の意見を是非聞いてみたいです。

ところで Yahoo! 経由でこられるユーザさんは、アフィリエイト的な観点から見るととても良いお客さんです。クリック率が高いんです。なので、Yahoo! 経由のアクセス数が減ると結構痛かったりします・・・orz

- スポンサーリンク -