本格中華な味のチンジャオロース(青椒肉絲)の作り方 ver2.0

以前も本格中華な味のチンジャオロース(青椒肉絲)の作り方(レシピ)でチンジャオロース(青椒肉絲)のレシピをご紹介したのですが、どうやら勘違いをしていたらしいです。牛肉を使ったやつは青椒牛肉絲(qīngjiāo niúròusī、チンジャオニウロースー)と呼ぶらしい。

日本ではごっちゃになって使われている気もするけど、、Wikipedia にはこう書いてあります。

青椒肉絲(中国語:青椒肉丝(qīngjiāo ròusī)、チンジャオロース(ロウスー、ルースーとも))は、中華料理のひとつ。ピーマンと豚肉の細切り炒め。
「青椒」とはピーマン、「絲」は細切りのこと。つまり青椒肉絲とは、ピーマンと豚肉の細切りを胡麻油などで炒めた料理をいう。漢民族にとっては、単に肉と言えば豚肉のことであり、日本で良くある細切り牛肉を使ったものは正しくは「青椒牛肉絲」(qīngjiāo niúròusī、チンジャオニウロースー)と呼ぶ。
広東風のものは、オイスターソース(牡蠣油)、酒(紹興酒など)、砂糖などを使って甘辛く調味し、四川風のものは唐辛子味噌と醤油などを使って辛く仕上げる。

と言うことで、ここでいう豚肉を使った広東風のチンジャオロースを作ってみました。以前より腕が上がっているので美味しくできました。はい。ではレシピどうぞー。

PICT0051.jpg

- スポンサーリンク -

豚肉を使った本格中華な味のチンジャオロース(青椒肉絲)の材料

材料(2人分)
生姜焼き用の豚肉:150g
ピーマン:5個
タケノコ:100g
にんにく:1欠片
生姜:にんにくと同量
サラダ油:大さじ2
水溶き片栗:小さじ2

肉の下味調味料
醤油:大さじ1
紹興酒:大さじ1
サラダ油:大さじ1
塩、胡椒:適量
片栗:小さじ3

タレ調味料
日本酒:大さじ1
砂糖:小さじ1
オイスターソース:大さじ1強
醤油:大さじ1強
中華スープ:大さじ1

PICT0031.jpgPICT0034.jpgPICT0035.jpgPICT0037.jpgPICT0039.jpg PICT0040.jpgPICT0042.jpgPICT0044.jpgPICT0045.jpgPICT0048.jpg

作り方(レシピ)

  1. 野菜と肉を共に 5mm 程度の幅で切りそろえるのが目標。豚肉はそのままでは上手に切れないので、若干固まる程度まで冷凍して下さい。
  2. 半冷凍状態の豚肉を 5mm 程度の幅で程長く切ります。切ったら下味調味料を手でこねるようにして30分ほど良く馴染ませておきます。
  3. にんにく、生姜をみじん切りにします。タケノコを上手に切るのは面倒なので、水煮の細切りので十分です。良く水を切っておきます。
  4. ピーマンは縦に半分に切ってから 5mm の幅で輪切りをすると綺麗に細切りができます。内側のヘタを綺麗に包丁で切っておくとピーマンが途中で割れなくなります。
  5. 150℃程度に熱した油で肉を箸でほぐしながら揚げます。色が変わったらザルにあげて、よく油切りをします。肉をお玉で叩くと油切りがうまくいきます。
  6. ここから手早く、にんにくと生姜を油大さじ2で香りが出るまで炒めたら、強火で一気に野菜を炒めます。
  7. 次に肉を入れて更にひと炒め。ピーマンがシャキシャキのうちにたれ調味料を入れて、味を良く絡ませる。可能ならば、フライパンを返しながら直火が当てれれば良い香りがだせてなお良し。
  8. 最後に水溶き片栗を小さじ2程度入れて一混ぜしたら完成!

どうでしょう?牛肉よりも豚肉の方が半額以下で手にはいるし味も良し。見た目も綺麗で美味しいので是非作ってみて下さい。市販のレトルトのタレのような何か変な味とは段違いですよ

と、ちなみに僕は豚肉でも牛肉でもほぼ同じ調味料はで作ってますので、このレシピの調味料も前とほぼ同じでーす。

- スポンサーリンク -