お手軽Amazon小遣い稼ぎサービス

本バージョンでのサービスは終了しました。最新バージョンをご利用下さい。

お手軽に小遣い稼ぎができる(かもしれない?)似た本検索「Amazon Search」をβリリースします。試験サービス中なので、バグがでたら連絡下さい。
現在β2(変更点はこちら

エンドユーザの方は、ココを読み飛ばして使い方を読んで下さい。
本サービスを自前のサーバーでも公開しても良いという方募集します。ChaSenの辞書をカスタマイズしたサービスになっているので、レンタル系サーバには設置できないので、自宅サーバ等限定になってしまいますが...m(_ _)mヨロシクデス

What's this?
自分の書いた記事と似た本を自動的にAmazonから検索して表示してくれるCGI不要のお手軽サービスです。自分の書いた記事に関連する本を表示することで、クリック率の向上が望めますし、何よりお手軽にお小遣いUPが狙えます(≧∇≦)b
技術的には、google similar同様にリアルタイムに指定のURLのコンテンツを形態素解析して、特徴的単語を抽出した後、それらの単語を検索ワードに用いてAmazon WebサービスのAPI経由で検索HITした本を表示するロジックになっています。

使い方(MovableType向け 書き方1)
<script language="JavaScript" src="http://www.jagjag.jp:8080/perl/App/AmazonSimilar.cgi?url=<$MTEntryPermalink encode_url="1"$>&n=5&ie=euc&oe=euc&ctl=65&dev-t=取得したデベロッパートークン&t=取得したアソシエイトID&idx=books-jp"></script>
使い方(MovableType向け 書き方2)
<script language="JavaScript">
var url ='<$MTEntryPermalink$>';
var n   = 5;
var ie  = 'euc';
var oe  = 'euc';
var ctl = 65;
var devt = '取得したデベロッパートークン';
var t   = '取得したアソシエイトID';
var idx = 'books-jp';
document.write('<scr' + 'ipt language="JavaScript" src="http://www.jagjag.jp:8080/perl/App/AmazonSimilar.cgi?url=' + escape(url) 
+ '&amp;n=' + n + '&amp;ie=' + ie + '&amp;oe=' + oe 
+ '&amp;ctl=' + ctl + '&amp;dev-t=' + devt + '&amp;t=' + t
+ '&amp;idx=' + idx
+ '"></scr' + 'ipt>');
</script>
使い方(一般サイト向けはvar urlの部分を下記に変更)
  var pWin = external.menuArguments;
  var url = encodeURIComponent(pWin.location.href);
パラメータの意味は以下のとおり
  • url - Permalink の URL です。MTなどのBlogを使っている方はコンテナタグを使用すると良いでしょう。それ以外のサイトを運営している方は、javascript の document.location.href を使用するとよいでしょう(その場合アクセス方法によってはうまく表示されない可能性があります)。
  • n - 最大何件表示するかをきめます。デフォルトは 5です
  • ie - Permalink の URLのページの文字コード 'sjis' / 'euc' / 'utf8' のいずれかを指定します。デフォルトは 'euc'
  • oe - 出力文字コード 'sjis' / 'euc' / 'utf8' のいずれかを指定します。デフォルトは euc
  • ctl - 本のタイトル名を文字数に縮小する。デフォルトは255文字です
  • devt - Amazonアソシエイト・プログラムで取得した自分のデベロッパートークン。
  • t - 同じく、取得した自分のアソシエイトID。
  • idx - 検索範囲。(β2追加オプション)指定可能な値は下記の通り。デフォルトは books-jp
    半角 | で連結することで複数カテゴリを指定することが可能です。例えば、和書と洋書の検索なら、idx=books-jp|books-us のように指定します。
     books-jp (和書)
     books-us (洋書)
     electronics-jp (エレクトロニクス)
     kitchen-jp (ホーム&キッチン)
     music-jp (ポピュラー音楽)
     classical-jp (クラシック音楽)
     dvd-jp (DVD)
     vhs-jp (ビデオ)
     software-jp (ソフトウェア)
     videogames-jp (ゲーム)
     all (全てのカテゴリ)
結果は下記のような div - class 指定つきで結果が返されますので、ご自分のstylesheetで適宜見栄えを変更下さい。
<DIV class=drk7jpSimilarity>関連する本を [検索ワード] で検索<BR>
 <DIV class=drk7jpSimilarityItems>
  結果出力
  <DIV class=drk7jpSimilarityFooter>
   <A href="http://www.drk7.jp/MT/" target=_blank>Powered by drk7jp</A>
  </DIV>
 </DIV>
</DIV>
2004.03.21 / version up
RDFをhtml内に生成しないページが旨く解析できないので、解析範囲を指定するタグを作りました。解析したい範囲の前後に下記のタグを入れてください。
<!drk7jp_parse_scope>
<!/drk7jp_parse_scope>
- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -