アサヒビールのスーパードライミュージアム茨城の工場見学に行ってきた

首都圏からだと、キリン、サントリー、サッポロ、アサヒの 4 大メーカーのビール工場に日帰りで行けるのが大変素晴らしい。今回は運良く予約が取れたスーパードライミュージアム茨城の工場見学に行ってみた。現実時間の半分ほどの体感時間で非常に楽しい時間を過ごすことができた。エクストラコールドのできたてスーパードライが最高にうまかった。

49年間牛乳嫌いだった人間が骨密度気にして機能性乳飲料を飲み始めた

自分の中の話題が完全に再根管治療で頭いっぱいになってる日々が続いておりまして、歯を支える歯槽骨の再生のために、49年間牛乳嫌いだった人間が機能性乳飲料を飲み始めてみました。結果腹を下すことが判明。MBPという注目の機能性たんぱく質成分を摂取すべく雪印メグミルクの毎日骨ケアを毎日飲むことにしました。

アイリスオーヤマのリンサークリーナーでカーペットの汚れが落ちるか検証してみた

カーペットなどに液体をこぼして汚してしまったときに、一度は使ってみたいかもと思ったことがあるであろうカーペットクリーナーのご紹介記事です。コスパとレビュー評価の観点からアイリスオーヤマのRNS-P10-Wってやつを買いました。かなり年数たった油汚れやお茶やコーヒーをこぼしたシミもきれいになり、想像していたよりもクリーニング能力が高くおどろきました。

続:欠かさず歯の定期検診を受けたが 7 年後に再根管治療の真っ最中です(体験談)

欠かさず歯の定期検診を受けたが 7 年後に再根管治療の真っ最中です(体験談)の続編です。この記事では根管治療の二回目以降の体験談を書き綴っていきます。とりあえず体験談を綴る前に、セレックによる治療が大正解だったという体験談を書いています。ゴールドインレーよりセラミックが正解です。

欠かさず歯の定期検診を受けたが 7 年後に再根管治療の真っ最中です(体験談)

思い返すのも嫌なくらいの激痛だった歯髄壊死し抜髄・根管治療も早8年前の話、古き悪しき思い出のひとつとなりつつある今、根尖性歯周炎が再発が再発して再根管治療を受けています。治療にかかるのが一年ほど遅かったらしく、症状はかなり悪いとのことで葉を残すためには半年ほど治療を続ける必要があるとのこと。この記事ではその戦いの経過を綴っていきます。

ルートを工夫してみたら高尾山でも十分登山気分を味わうことができた

週間天気予報に反して週末が突然の快晴。朝起きて今日はどこかへ行こうという話になり、急遽高尾山へ登山しに行ってみた。実に7年ぶりの高尾山。今回は一番遠回りであろうルートを選んでみた。約7km、標高差540mで、なかなかの本格登山を楽しむことができた。それでいて3時間程度で帰ってこられるので、初心者の方でもチャレンジできる良いルートだと思う。

ヌルスベの湯を求めて極楽湯羽生温泉に行ってみた

前回、越谷天然温泉の話をかいたが、ヌルヌル、すべすべ、トロトロという表現を使う美肌の湯(美人の湯)に重要な成分が炭酸水素イオンとメタケイ酸ということを学んだ。自宅近辺では羽生温泉が成分的に美人の湯と推測されるため行ってみた。判断基準は正しかったようで、越谷天然温泉には及ばずとも十分ヌルスベ・トロトロの湯を楽しむことができた。雰囲気もよいのだが、ちと遠い。

帝国ホテルのインペリアルバイキングで豪華ランチブッフェを体験してきた

帝国ホテルに足を踏み入れたこともないおじさんが、突如として豪華ランチビュッフェを食べに行くこととなった。ランチと言えどもさすがの帝国ホテル。価格は8395円と超お高く財布から諭吉が飛んでいった。気になるお味はビュッフェの中で過去一旨かった。特にスイーツのできが素晴らしく良い。気になるリッチマンは是非足を運んでみよう。

トロトロの湯を求めて越谷天然温泉ゆの華に行ってみた

ゴールデンウィークもいよいよ最終日。ヌルすべの湯を求めて今日もググって調査。勢いに任せて調査した越谷天然温泉ゆの華に行ってみた。湯だけで言えば今まで行った埼玉県内の温泉ではNo1で好みの湯であり、求めていたトロトロ、ぬるぬる、すべすべの湯を堪能できた。大変素晴らしい温泉だった。俺的ランキングの上位に食い込んできた。

秩父ジオグラビティパークと芝桜の丘を観光してきた

ゴールデンウィークに秩父方面へプチ小旅行をしてきた。秩父鉄道乗車中ですら旅のプランは決まっておらず、流れに任せて終着駅の三峰口まで行ってみることにした。思ってた渓谷とは違ったが、それに近いものを見ることができた。絶叫系アトラクションのジオグラビティパークにも出会えたし、有名な芝桜の丘から期待していたような絵を写真に収めることもできた。