2016年夏休み - 三泊四日の石垣島旅行に行ってきた(初日:出発編)

一生のうちに一度は行ってみたかった石垣島、、、行ってきました!! ٩(=´▽`=)۶

そもそも石垣島、本当は去年の沖縄旅行でも行ってみたいと思っていたのです。でも実際見積もりをとってみると旅費が高すぎて見送りました・・・。
そして今年、娘も小学六年生です。中学生になると部活動などが忙しく、夏休みといえども家族旅行に行く暇もなくなるよっていう話をよく耳にします。どこか行くなら今年しかないよねっ!と話し合い夏休みにはちょっとリッチな家族旅行を計画することにしました。

行きたいところは色々ありましたが、やりたいことはただひとつ!

夏といえば、シュノーケリングするしかないでしょう!!

なんといっても、去年、沖縄で体験したシュノーケリングは忘れることの出来ない極上の思い出です。さらなる極上のシュノーケリング体験を求めるなら、もう石垣島に行くしかないよねっ!!という話にまとまりました。夏休み価格でものっそい旅費が高く付きましたが、今年は金銭面については全て目を瞑ろう。やりたいことを全て叶えるんだというプランを立ててみました。

ってわけで、三泊四日の石垣島旅行についての旅日記をまとめていくでござるよ!

DSC00946.jpg

- スポンサーリンク -

今回の石垣島の旅程

なんてったって旅の目的はただひとつ、シュノーケリングが全てです。とは言え、いつも通り道中は何が起きるかわからないので、ゆる〜いプランしか立てていません。最低限、移動手段となる飛行機とレンタカー、そして宿泊予約さえできていれば、あとはなんとでもなるもんです。

シュノーケリングするビーチは最後の最後まで悩みましたが、奥さんが熱心に調べてくれて米原ビーチがもっとも良かろうということで、以下の様な旅程となりました。

7/2111:15羽田発、石垣島直行便にて移動。
空港隣接でレンタカーを借りて米原ビーチへ移動。翌日のシュノーケリングガイドを予約し、ビーチを少々楽しんだ後はホテルへ移動。
7/22米原ビーチにてシュノーケリング。
玉取崎展望台?石垣島星空ツアー?
7/23予定未定。
ホテルのシュノーケリング?竹富島?石垣島星空ツアー?
7/24予定未定。
午後14:55石垣島発、羽田直行にて移動。

宿泊施設は、『米原ビーチに近く、石垣島一番の観光スポットでもある川平湾に近く』、という条件で絞り込み、石垣シーサイドホテルに決めました。お部屋は3タイプありますが、てぃーだ館で二泊、かびらビレッジにて一泊としました。かびらビレッジへのアップグレードは物凄く高かった気がしますが、まぁ今回の旅は良しとしました。

とぅもーる館最も海近いが窓が小さいタンダードタイプ
てぃーだ館大きな窓から碧い海を楽しむオーシャンビューのスーペリアタイプ
かびらビレッジプライベート感を大切にした一棟一室のコーテージタイプ

初日:石垣島へ移動

なんだか前置きが長くなったので石垣島到着までの話は端折りますが、大切なことだけを書いておくと、前回の沖縄旅行で大変な思いをした羽田までの移動について。
何と言っても子どもが夏休みに入ったとはいえ、出発時間的には通勤(痛勤)ラッシュアワーです。もみくちゃにされて電車酔いされては困るので、今回は大宮まではタクシーにて移動し、大宮からは東京まで新幹線で移動。その後は浜松町まで出てモノレールにて羽田まで移動。かつ2時間ほどの余裕を見るという移動手段を取りました。

お子様がいると何かと気を使って大変ですが、お金と時間で解決が一番近道だと思ってます。

さて、約三時間のフライトを寝て楽しみ石垣島到着。実はこの石垣島、沖縄那覇市から 410km 以上も離れています。 逆に台湾とは 270 km ほどの近さでなので、台湾までのフライトとさして変わらない時間がかかります。

石垣島空港にて記念撮影。南ぬ島とかいて『ぱいぬしま』と発音するようです。

DSC00956.jpg

少し離れて石垣島空港を撮影。物凄くコンパクトな空港です。
この日、関東では最高気温 25 ℃ に対して石垣島は気温 34 ℃ でした。立ってるだけで汗がにじみ出てくる熱帯雨林特有の蒸し暑さでした。確かこの日は石垣島が日本で一番熱かったと記憶しています。

DSC00959.jpg

レンタカーは空港隣接で借りるのが絶対おすすめです

今回も旅行の予約は HIS でおこなったのですが、標準指定のレンタカーは市内までバスで移動しなければなりません。今回の旅程で市内は一ミリたりとも立ち寄らないため時間の無駄を最小限にすべく、空港隣接のオリックスレンタカーでレンタルすることにしました。空港から歩いていける距離なのでギリギリまで遊んで帰ることも可能です。少々料金が高くなったとしても空港隣接のレンタカーが絶対のおすすめです。

DSC00970.jpg

レンタカーを借りて米原海岸まで移動

カーナビを米原海岸にセットしていざ出発。距離にして 16km です。関東で運転している感覚で 30-40 分くらいの距離かなぁーと思って運転開始したのですが・・・。

すぐに気がついたことがひとつ。この石垣島、信号機がほぼ存在しません。記憶では、信号を見かけたのは空港前と学校の前だけで、その他は1つもなかったんじゃないかな。
そしてとにかく人も車も少ない。沖縄をイメージしていたのですが、全然違いました。やっぱり石垣島は離島なんです。毎日だと苦労しそうですが、旅行という観点では、このくらい思いっきり人がいないほうがいいですね。

DSC00978.jpg

すれ違った車も数台だけという奇跡的なドライブを楽しみ、僅か 20 分弱で米原海岸に到着。
ここでワンポイントアドバイス。米原海岸では駐車する場所によっては駐車料金トラブルなどが発生しているようですが、以下 Google Map でご紹介するマリングッズレンタルショップ Jelly Fish めがけて行くのがおすすめです。

米原キャンプ場の駐車場も無料ですし、マリングッズをレンタルするなら Jelly Fish 前スペースにも駐車できてセキュリティー的にも安心できます。

DSC01169.jpg

JellyFishでシュノーケリングガイドを予約しビーチを散策

米原ビーチについては、次のエントリで詳しくお話をするとして、ここ米原ビーチは遊泳危険区域指定の海岸です。従って監視員はいません。全ては自己責任となります。ろくに装備もせず沖に出て離岸流に流される事故が毎年のように発生しています。

なんてことを聞くと非常に危ないビーチと思われてしまいますが、石垣島の情報誌ではシュノーケリングに最適なビーチとして必ず紹介されるほど美しいビーチでもあります。

そんなわけで僕らは装備はもちろんのこと、Jelly Fish でベテランガイドを頼んでシュノーケリングを楽しむことにしました。一人頭、開始 1 時間が 1,500 円で、30 分延長ごとに +500 円です。これで安全が確保できると考えるなら、凄く安いものです。

DSC01170.jpg

この日の潮は、大潮かつ満潮が朝8:00、干潮が14:00ということもあり、ビーチに訪れた時はちょうど潮が最も引いている状態でした。沖に向かって 200m ほど先まで足がつく程度の遠浅になっています。ところどころ岩のように露出しているのは白化したサンゴ礁です。

DSC00988.jpg

THETA 360 での撮影画像はこちら。若干雲がかかって海の青さ半減ですが、どこまでも続く青い海が感動的に綺麗です。明日の朝、太陽光降り注ぐ満潮時の景観が楽しみで仕方ありません。

米原ビーチ初日 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

今日は、明日のガイドを勤めてくださるクマノミおじさんこと伊藤さんに、前座ということで膝下深さのクマノミポイントを一つ教えていただきました。バッチリ、ファインディング・ニモできました! (๑╹∀╹๑)

DSCF0340.jpg

米原ビーチを後にして石垣シーサイドホテルへ移動

明日のシュノーケリングに期待を膨らませ、小一時間ほど遊んだ米原ビーチをあとにし石垣シーサイドホテルへ向かいました。距離にして 10km 程なのですが、相変わらず車に出会うこともなく、僅か 15 分程度でホテル到着。

チェックインをとっとと済ませて、オーシャンビューな、てぃーだ館のお部屋へ。お部屋の感じはこちら。今まで宿泊した部屋を思い返しても、かなり広くてグレードの高いお部屋です。

DSC01014.jpg

そして窓を開け、お部屋のベランダからの長めがこちら。いやぁ〜こりゃ堪らん!石垣島サイコー!!って感激しましたね。

DSC01017.jpg

ここで家族は一眠りするというので、ひとりホテル周辺を散策しにでかけました。
ホテル前のビーチは、遊泳区域はクラゲなど入ってこないようにネットが張られた区域だけです。園周辺でマリンアクティビティを楽しむことが出来ます。まぁ今回は三日目に機会があればというところでしょうかが、おそらくこのビーチで遊ぶことはないだろうな、と直感で感じ取ってました。

なんてたって、それくらい米原ビーチの方が綺麗でしたし、海の匂いも違います。ホテル前ビーチも十分綺麗なんですけど、人の手が介在している匂いがするんですよね。その点、米原ビーチは空気すら澄み渡ってる感じでした。

DSC01031.jpg

ビーチがわからホテルとパチャリと撮影。なかなかいい感じのホテルじゃないですか。ビーチにはあまり人がいませんでしたが、プールにかちびっこが沢山いました。

DSC01028.jpg

初日はバイキング食べて夕日を撮影して終了

昼のフライトということもあり、機内で弁当を食べただけでまともな食事を取っていないので、腹減りまくり。
ここ石垣島は市内は別として、市街はレストランどころか個人経営のお食事処も少なく、しかも 18:00 には閉店する店も多い。従ってホテルで食事を摂るのが最もハズレがなく便利なわけです。夜のオープンと同時に足を運び一番乗りでバイキングを楽しみました。少々お高めで強気な値段設定ですが仕方なし。

DSC01039.jpg

本当は夕日を見に車を走らせたかったのですが、家族がもう出かけたくないと言うので、バイキングに飲み放題を付けてたらふく酒を飲みました。なので車の移動はもう無理なので、夕日はホテル前のビーチから。
これがどうして、ホテル前のビーチの夕日でも十分満足できました。記念として元気玉を撮影。

DSC01076.jpg

せっかくの写真に遊泳区域のブイが写り込んでしまっていて残念な感じなので、望遠を使って日の入り直前を撮影。良い感じです。

DSC01095.jpg

二日目へ続きます

- スポンサーリンク -