塩味ベースのアサリラーメンの作り方

ひとつ前のエントリで 7 年ぶりに行った潮干狩りで 2kg 弱の大量のあさりを採ってきた話をしましたが、スーパーで買ってきたアサリとは活きが違います。砂抜きしてる時の目の伸ばしっぷりや水の飛ばしっぷりが半端ないです。そんなアサリを美味しく食べたいということで、鮮度が良いうちにアサリラーメンにして食べようと考えました。

6 年ほど前にもあさりラーメンのレシピをご紹介しましたが、その時のレシピは醤油味ベースでした。しかもせっかくアサリから濃厚で美味しい出汁が出るというのに、スープの素を使うという体たらくっぷりです。加えて、よくよく考えたら僕の一番好きなラーメンは塩ラーメン。これはレシピを書き換えるしかないということで、2016年度版の塩味ベースのアサリラーメンの作り方をご紹介します。

簡単レシピということで、ある程度手抜きするために調味料のパワーはしっかり借りることにします。調理時間も 10 分程度と超簡単です。

DSC00271.jpg

- スポンサーリンク -

塩味ベースのアサリラーメンの作り方(3人前)

材料
細麺のたまご麺: 3人前 ※湯で時間2分弱の麺が良い
砂抜きした新鮮なアサリ: 300g
にんにく: 一片
キャベツ: 150g
刻みネギ: ネギ1/3分
白髪ネギ: 適量
胡椒: 少々
一味唐辛子: 適量

スープ
水: 1200cc
日本酒: 100cc
創未シャンタン: 大さじ1
濃縮白だし: 大さじ1
塩: 小さじ2
砂糖: 小さじ1/2
醤油: 小さじ1

調理時間
10分

DSC00264.jpgDSC00265.jpgDSC00268.jpg

作り方(レシピ)

  1. にんにくを砕いて微塵切り、ネギも微塵切りにする。仕上げに使う白髪ネギも事前に切って軽く水にさらしておく。キャベツは 1cm 幅の短冊切りにする。
  2. 砂抜きしたアサリをても見してよく貝殻を洗い、水、日本酒、にんにくとともに強火にかける。出てきたアクは丁寧に取る。
  3. アサリの口が開き始めたら、たっぷりの熱湯で麺を茹で始める。
  4. スープに刻みネギ、キャベツを加え、醤油以外の残りの調味料を加えてひと煮立ちさせ、最後に醤油と胡椒で味を整える。麺が茹で上がるよりも多少早いくらいの時間でスープは完成。
  5. 麺が茹で上がったら水をしっかりと切り、ラーメンどんぶりに麺とスープを白髪ネギを盛りつけて完成!
  6. お好みで(というよりは是非)多めに一味唐辛子をふりかけると更に美味しくなります!

このアサリラーメンのポイントは何と言ってもアサリの鮮度。鮮度が悪いと古い貝のあの臭くて嫌な匂いがします。砂抜きしても多少は砂がスープの下にたまるので、並べて煮込んだスープは全部はどんぶりに盛らないほうが良いでしょう。
またアサリは煮込み過ぎると身が縮みますので、火を通す時間も長くなり過ぎないようにするのもポイントです。貝の口が開いてから1分少々でスープ完成ですが、それでもアサリから超濃厚な旨味がスープに滲み出ています。

蛇足ですが、白髪ネギを作り忘れていたので、急いでネギの千切りをしたら、包丁で爪を半分くらい剥いでしまいかなり痛い思いをしました。
料理は何事も準備が大切ですね。ヾ(。>﹏<。)ノ

- スポンサーリンク -