日本人向けの辛い麻婆豆腐(マーボー豆腐)のレシピ

以前も本格的な四川風・麻婆豆腐(マーボ豆腐)の作り方(レシピ)でマーボー豆腐のレシピをご紹介しましたが実際は、

  • 子供向けに豆板醤をほとんど入れない味付け
  • 自分用に豆板醤と花椒たっぷりの辛く痺れる味付け
  • 町の日本人向けな中華料理店で出てくるような醤油ベースの味付け

と、いろいろ味を変えて麻婆豆腐を作ることが多いです。

作る手順(炒める順番とか時間とか)さえ守ればちゃんと美味しくできあがるので、各家庭毎に好みの味付けにしちゃえばイイんじゃないのと思う麻婆豆腐。今回ご紹介するのは、写真取りながら作ったものの辛すぎて食べれないよと奥さんに言われてしまった一品です。辛いのが苦手な方は前のレシピの方が宜しいかと

- スポンサーリンク -

日本人向けの辛い麻婆豆腐(マーボー豆腐)の材料

材料料(2人前)
絹ごし豆腐:1丁
豚挽肉:120g
ネギ:1/2本
椎茸:2個
にんにく:1片
生姜:にんにくと同量油大さじ3

調味料1
豆板醤:大さじ1.5
甜麺醤:小さじ1

調味料2
中華スープ:150cc
紹興酒:大さじ1
醤油:大さじ1
砂糖:小さじ1
水溶き片栗:大さじ2〜3胡椒:少々
花椒粉:少々
油:大さじ1

PICT0107.jpgPICT0108.jpgPICT0110.jpgPICT0111.jpg PICT0113.jpgPICT0114.jpgPICT0115.jpgPICT0117.jpg

作り方(レシピ)

  1. 下準備として、ネギ、にんにく、生姜の微塵切りにし、豆腐を2cm角程度に切っておきます。
  2. 沸騰したお湯に塩を少々加えて豆腐を2分ほど温めます。
  3. 中華鍋を良く熱して油を大さじ3程度を入れ、油を十分に鍋に馴染ませたら強火で豚挽肉を1分程度よく炒めます。肉汁が透明な油になったらOKの合図です。
  4. にんにく、生姜の微塵切りと調味料1を加えて肉に絡まるように混ぜながら香りが立つまでよく炒める。
  5. 中華スープ、紹興酒、醤油、砂糖を加えてたら、湯切りしたアツアツ・プルプルの豆腐を入れて中火で2分程度煮込みます。あまりかき混ぜなくてもOKです。豆腐が崩れちゃいます。
  6. 胡椒を少々加えて味を調えて、ネギの微塵切りを加えたら水溶き片栗粉がダマにならないように3回くらいに分けて好みのとろみに仕上げていく。お玉で優しく混ぜて下さい。
  7. 最後の仕上げに、強火にして油大さじ1程度を鍋肌から加えてたら30秒ほどグツグツ煮詰めて完成!最後にお好みで好きなだけ花椒をどうぞ!

PICT0120.jpg

僕と娘はアツアツのご飯の上に麻婆豆腐をかけて食べるスタイルです。奥さんは別々に食べる派です。今回の麻婆豆腐、とっても美味しいんですが辛すぎて奥さんが途中で食べるのを断念。

思い返せば、確かに途中の真っ赤なスープをみてコレヤバイよーって何度も小言を言ってました。

御陰で1.5人前食べるハメになった今回の麻婆豆腐でした。。。

ちなみにこの麻婆豆腐、醤油ベースなので日本人に馴染みがある味になります。花椒を使わず、豆板醤を減らすと町のお店の味になると思います。加えてどうでもいい事なんですが、ご飯の上に直接かけるこのスタイル。地元では麻婆飯と言われていました。

- スポンサーリンク -