僕流の肉じゃが(牛肉編)の作り方

そう言えば、長々と料理レシピを紹介してきたのですが肉じゃがのレシピを公開していないことに気が付きました。料理レシピの定番と言えば肉じゃがが必ず出てくるというのに。。。こりゃぁいかんでしょってことで本日の晩ご飯のおかずとして作りました。ウチでは肉じゃがは豚肉の時もあるし牛肉の時もあります。

基本的にあっさりとした肉じゃがを食べたいときは豚肉で作ってちょっと生姜をきかせます。こってりした肉じゃがを食べたいときには牛肉で作ります。昨日スーパーへ行ったときによく売りきれる牛バラ肉がたまたま売っていたので牛肉で肉じゃが作ることにしました。

牛肉で作るとちょっとすき焼きっぽいと感じる人が多いようですが、まったくその通りと僕も思います。まぁ〜いつも豚肉で肉じゃが作っている人も別の料理と思ってたまには牛肉で作ってみて楽しむのは如何でしょうか?

- スポンサーリンク -

僕流の肉じゃが(牛肉編)の材料

材料料
じゃがいも:4個
牛バラ肉(国産):250g
人参:1本
玉ねぎ:1個
牛脂:1個

調味料
醤油:大さじ2
味醂:大さじ1
日本酒:大さじ2
砂糖:小さじ2
和風ダシ粉末:小さじ1
ゴマ油:小さじ1

PICT0058.jpgPICT0060.jpgPICT0061.jpgPICT0062.jpgPICT0063.jpg PICT0065.jpgPICT0066.jpgPICT0068.jpgPICT0070.jpgPICT0072.jpg

作り方(レシピ)

  1. まずじゃがいもの下ごしらえ。ごろごろとちょっと大きめのサイズに切ったら10分間水でさらします。その間に、玉ねぎと人参を切っておきます。人参もごろごろとしたサイズが美味しく感じられると思います。お肉も食べやすいサイズに切りましょう。
  2. ゴマ油と細かく砕いた牛脂を使って玉ねぎがしんなりするまで炒めます。次に人参→牛肉→じゃがいもの順で炒めていきます。
  3. だいたい火が通ったら具材が2/3程度隠れるまで水を入れて残りの調味料を全ていれてグツグツ煮ます。沸騰したら圧力鍋で4分間加圧します。その後自然放置。
  4. 蓋が開いたら強火で汁気がかなり減るまで煮詰めます。圧力をかけてじゃがいもとか柔ら無くなっているので、木べらで大きく数回かき混ぜる程度であまり触らない方が良いと思います。
  5. 汁気が無くなったら完成!お皿に盛りつけてお好みで山椒とか七味をかけてどうぞー

PICT0074.jpg

僕がじゃがいもとか人参がトロトロになっているのが好きなので圧力をかけていますが、形がしっかりしたのが良い方は圧力鍋の工程を無くしてもOKだと思います。その時には炒める時間をちょっと多めに下法が美味しく感じられるかも。あと、うちの料理はちょっと薄味気味なので濃い口が好きな方は調味料の分量を好みに合うように変更されるのがよろしいかと思います。見た目をもうちょっと凝るのであれば、絹さやとかのせて緑を加えるとよろしいかと。

ビールで肉じゃがを食べるのが最高にウマイです。キリンの隠し苦味のキリン・ザ・ゴールドで頂きました。(≧∇≦)b

- スポンサーリンク -