365日スケートが楽しめる大須の名古屋スポーツセンターに行ってきました。

名古屋はスケートが盛んな街です。とは言え僕が子供の頃と比較してえいさされたスケートリンクも数多くあります。

さて年末年始の休暇、意外と暇ですよね?
しかも体を動かす機会が極端に減るにもかかわらず暴飲暴食になりがちで胃もたれがつらい日々が続きます。そんなわけでスケートで体を動かすことにしました。実家から一番近いスケートリンクは大須の名古屋スポーツセンターです。

名古屋スポーツセンターは実は結構有名な屋内スケートリンク。
アルベールビル五輪メダリストの伊藤みどりさん、バンクーバー五輪メダリストの浅田真央さんをはじめ、村上佳菜子さんらオリンピック選手の方々のホームリンクでもあります。
選手育成にも力を入れてる所なので、普通に一般開放されている時間帯でもめっちゃ上手な練習生が滑ってて、おおっすげぇ!って技を普通に見られます。

DSC05080.jpg

- スポンサーリンク -

入り口にあるギャラリーコーナーでは浅田真央さんや伊藤みどりさんが使ったスケート靴やサイン入り色紙やトロフィーが飾られています。伊藤みどりさんの靴だけ異様にサイズが小さかった。足小さいんですね。

DSC05081.jpg

リンクにも壁にかけられた浅田真央さんらの大きな垂れ幕が印象的です。
スケートは2011年、2012年と2年間ほどはハマって通い続けていたのですが、奥さんがおっさんに激突されてからはパッタリと行かなくなり、約2年ぶりだったりするので、娘はほぼ完璧に滑り方を忘れてしまっています。

DSC05099.jpg

はじめの5分ほどは真っ直ぐ立つことすら怪しかった娘ですが、ここのスケートリンクはよく考えられています。初心者の方々向けに赤いコーンが用意されています。コーンに体重を預けて滑ると転倒ぜずいい感じで滑ることができます。
浦和のスケートリンクのスタッフの方に、滑れる大人が後ろ向きに滑って手を前に差し出し、子供は大人の手を押すように駆け足する感じで滑ると良い練習になると教わったのですが、それが一人でできちゃうわけです。赤いコーンの練習方法、考えた人素晴らしいですね。

DSC05098.jpg

1時間ほど練習をすると娘も感を徐々に取り戻して、コーンなしでも一周できるようになってきました。2時間ほど滑ったところで、徐々に芋洗い状態的な人の多さになってきたし、滑らない奥さんが超暇そうに控室で瞑想してるのを見て、そろそろ終わりにすることにしました。できればあと1時間ほどは滑っていたかった。

DSC05095.jpg

スケートリンクが一般開放されている時間は 10:00 〜 18:00 までです。18:00 移行は選手の練習場となるようです。
大人一般は1800円、中学高校は1600円、子供は1200円で貸靴付きです。
地下鉄大須観音駅を降りて2番出口から大須観音方面に大通りまで5分ほど歩くと名古屋スポーツセンターに到着です。年末年始も休まず営業中のようです。

DSC05100.jpg

またスケートが面白くなってきました。しかもここのスケートリンクでは埼玉ではなかなか見られない上手な選手の滑りを見ることもできます。
なので、飽きない間は帰省する度に行ってみようと思ってます。

- スポンサーリンク -