赤札天国でクリスマスタブBOX-Winタブと付属品2点セットを購入してみた件

職業柄(いやもともとか?)、スマホやタブレットが好きです。

ThinkPad8で Windows タブには散々な思い出しかないのですが、赤札天国というショッピングサイトで日々中華Win8タブレットの情報を眺めてる自分がいたりします。
そしてそして、毎年年末恒例のクリスマスタブボックスの販売が開始となりました。

初回の 13,777 円の Win タブセットは間違いなく在庫処分ハズレの Cube iwork7 だと思い見送り。届いた人たちのブログをみてると案の定 Cube iwork7 だったようで、マジ購入しなくてよかった。

そして第二弾は中華 Android タブレット。Android は仕事で死ぬほど触ってるので欲しくもない。

そして縁がなかったと思ってた頃に第三弾としてフル HD もしくは Retina 解像度の Win タブのクリスマスBOXの販売が開始となりました。価格はちょいお高めの2万円。出せなくはないし自分へのご褒美&運試しとおもって購入してみました!
結論だけ先に書いておくと惨敗でした! 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

img002.png

- スポンサーリンク -

赤札天国でクリスマスタブBOX-Winタブ購入が惨敗だった件

ワクテカしながらクリスマスを待ってました。予定通り22日に出荷されて23日に届きました。残念ながら大当たりのAndroidタブレット付きではありませんでした。

付属品2点セットはタブレットケースとペン。まぁたしかに付属品2点セットです。
合皮のタブレットケースは持ち運びの時に使えるので、まぁ使い物になるので損ではありませんが調べてみると300円程度の安モノでした。
キワモノのペンは全く使い物になりません。ペン先は細いタッチペンでゴムみたいなところが消しゴム的な機能かとおもいきや、ペン先は本当のボールペンでした。100円もしないようなペンは即ゴミ箱に捨ててやりました。

DSC04956.jpg

肝心の Windows タブレットは!!!位置世代前の2014年夏モデルの Teclast X89HD でした。
はい在庫処分有難うございましたーーー!!!ヾ(*`Д´*)ノ"ゴルァ!!

夏モデルの Teclast X89HD は売価 25,980 円で確かに Retina 液晶の Win タブに間違いない。
CPU も一世代前の intel 3735D ですし、何よりディスク容量が驚きの 16GB です。これは泣くしかない買い物。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

img001.png

一方の現行モデルは X89Win で性能も容量も上がって価格は 22,480 円と超お得。普通に買うならどう考えても X89Win しかありえない選択。
CPU も性能比で 30% 増の intel Z3736F で、何より羨ましいのがディスク容量が 32GB になっていること。これは泣くしかない。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

img003.png

確かに謳い文句に偽りなしのクリスマスBOXでしたが、某スレッドで毎回騒がれているように、今回もきっちり在庫処分でした。ふざくんな!こんちきしょう!と言わざるをえない!(あくまで個人的感想です)

公平な目で見て X89 HD は使い物になるWinタブなのか?

結論から書きます。はっきり切って鉄クズ。マジ鉄クズ。ゴミですわ。
順を追って説明していきます。

ここはすごい!と思った点

2048×1536 の Retina 液晶は相当綺麗です。それもそのはず。iPad mini と同じ液晶なだけあります。加えて 4:3 のアスペクト比が見やすいです。Windows タブレットの多くが 16:9 と横に長い液晶であり、実際使ってるとタブレットを横にして使うときに縦幅が足りないッて思うことがよくあります。でもこの液晶は 4:3 なのでタブレットを横にした時でも凄く使いやすいです。

また、表から見た場合は iPad mini っぽいデザインでなかなか気に入ってます。

DSC04840.jpg

重量344gとまぁまぁ軽い。iPad と違ってアルミ素材ではなくプラスチック素材なので、もうちょっと頑張って欲しいところではあります。

これは無いわぁと思った点

表から見たデザインはかなり良いですが、裏返すと印象は真逆。もの凄い安っぽい。そしてシルバーとホワイトの使い方がなんともアンマッチ。

DSC04954.jpg

液晶保護フィルムにはいたるところに粉塵と気泡が入りまくり。国内生産モデルでは考えにくい品質ですが、気泡どころか粉塵が入りまくりです。なので針や移動させたりで気泡を消すことができません。張り替えるのも面倒なので気にしないことにしています。

DSC04859.jpg

驚きの空き容量 3.5GB!ディスク容量が 16GB と思いきや、6GB 程はリカバリ領域に使っているので、実容量は驚きの 10GB 程度!
そして良くもまぁこんなに最適化して入れたものだと感心するのが 6GB で収まっている Windows8.1 なのですが、追加でアプリを入れると、あっという間に残容量 3GB が埋まってしまうドキドキ感。マジで使えないタブレットです。

img002.PNG

面倒くさいので日本語化オプションを +1,000 円で頼んでおいたが、なんとも中途半端な状態での納品だった点。結局、日本語化されていない状態とほぼ同じ作業をもう一回繰り返すことになりました。
まずは、言語パックから中国語を削除。次にデフォルトの Unicode を中国語ではなく日本語に変更。再起動後にストアからアプリを更新して、中国語の不要なアプリを削除することで綺麗に日本語化が完了しました。

DSC04845.jpg

ここまではまだ我慢できる。本当に我慢できないことはコレだっ!

流石中華端末と言わざるをえない。流石中華端末と言わざるをえない!
大事なことなので二回言いました。

何と言っても最も使えないと感じるのは、まともに起動しない点!!!
何を言ってるかわからないかもしれませんが、スリープから 50% 程度の確率で復帰されません。
そして電源ボタンを押下しても電源が入らない確率が 30% 程度です。電源が入らない時はタブレット本体を叩くと電源が入るようになる気がします。というか叩いては電源ボタン押下を繰り返してます。

つぎにタッチ精度がよろしくない点。なんというか画面の縁の方に行くと、触るよぉ〜って感じでゆっくり触ってあげないと認識率がよろしくないんです。これが結構ストレスを感じます。

というわけで、結論をもう一度言いますが、2万円で購入した赤札天国のクリスマスタブBOX-Winタブは大ハズレでした。個人的感想ではあるが在庫処分感をすごく感じる。今後二度と買うことはないと断言します。
でも2万円でネタ作ったと思えば、高かったけど自分を許せます。

あと、中華端末の品質はまだまだだと実感しました。多分永遠に品質が国産メーカーのレベルに来ることはないと思います。

- スポンサーリンク -