クリスマス決定版!丸鶏ローストチキンの作り方

メリークリスマスってやつです! :*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*:

というわけで本日はクリスマスイブなので会社を半日お休みをいただき、せっせとクリスマスディナーを作りました。クリスマスディナーといえば七面鳥のローストチキン・・・が海外では定番らしいけど、ここ日本では鶏肉が主流です。それもケンタッキーが主流らしいです。何故なんだろ??

まぁそんなわけで我が家も鶏肉です。でも自分家でちゃんと作ります。例年は唐揚げなんですけど、今年は会社の休みを取るくらい気合いを入れて丸鶏ローストチキンを作りました。クリスマス前の休日には丸鶏が普通に店頭に並ぶので食材の入手も簡単だし、一羽あたり 1,000 円程度と格安です。

DSC_0316.jpg

オーブンは必須アイテムですが、調理はとっても簡単!基本待ち時間のみです。ディナー3時間前から取りかかれば十分間に合います!もし明日のディナーに間に合うのであれば是非どうぞ!間に合わなければ来年どうぞぉ〜!

- スポンサーリンク -

クリスマス決定版!丸鶏ローストチキンの作り方(レシピ)

材料
鶏: 一羽
にんにく: 一片
ローリエ: 10枚程度

下味用調味料
クレイジーソルト: 小さじ2
粗挽き胡椒: 小さじ1
バルサミコ酢: 大さじ1
はちみつ: 大さじ2
香りオリーブオイル: 大さじ2 ※にんにくで香り付けしたオリーブオイル

照り焼き調味料
はちみつ: 大さじ1
醤油: 大さじ1
香りオリーブオイル: 大さじ1
白ワイン: 大さじ1

作り方(レシピ)

  1. 丸鶏のお腹の中を流水で血合い良く洗い流し、キッチンペーパーで水気を拭き取る。
  2. にんにくをスライスし、弱火でオリーブオイル大さじ3で香りが出るまで炒め香りオリーブオイルを作っておく。
  3. 丸鶏の至る所にフォークをぶっ刺したら、下味用調味料を混ぜたものを全身・お腹に塗りたくり、お腹にローリエを入れて1時間ほどラップをしてねかせる。ねかせ終えたら下にたまった下味調味料は全部捨てる。
  4. オープンを 200 ℃に暖めておき、照り焼き用調味料を刷毛(はけ)で塗ってオーブンで 30 分ほど焼く。
  5. いったん取り出して照り焼き調味料をまた塗って、180 ℃に温度を下げて 10 〜 15 分ほど焼き上げる。
  6. 熱々の内に、残りの照り焼き調味料を塗りたくって完成!
DSC_0284.jpgDSC_0288.jpgDSC_0309.jpg

この料理、ジャガイモも一緒に焼き上げると、鶏肉から出る肉汁や照り焼き調味料を旨く吸い取って、とっても美味しいです。そのときは、20 分くらい経ってからオリーブオイルを塗りたくったジャガイモを加えるとちょうど良い焼き加減になるかと思います。 もしくは 20 分後に取り出すってやり方もあり。まぁ何しろフルタイムで焼き上げると焦げるよってわけです。

丸鶏ローストチキンってクリスマスになると店頭に結構並びますが、自宅で作ったローストチキンは正直別物!熱々の肉から溢れ出てくる肉汁は市販品じゃぁありえないでしょう。それに加えてパリパリに焼き上がった鶏皮。これがまた絶品!一言で言うならしゃぶりつきたくなる味です。(*`Д´)ノ!!

紹介したように、基本オーブンで焼き上がるのを待っているだけの料理です。調味料もとってもシンプルです。調味料を敢えて凝る必要は全くないと僕は考えています。そして鶏肉本来のうまみを十分に堪能する。そんな料理です。

敢えて言うならこのレシピのポイントは蜂蜜です!ちなみにレンゲの蜂蜜を使ってます。

今年はケーキも自作です!っていっても生地はできあいのものを買ってきて、ホイップを使って娘が楽しむって程度の自作ですけど、安くてそこそこ美味しいです。

DSC_0323.jpgDSC_0333.jpg

来年もこのレシピで行こうと思ってます。3人家族ですが、一羽平らげてしまいました!(≧∇≦)b

- スポンサーリンク -