VAIO type A VGN-AW71JB が VT 対応になりました!

相当に満足している VAIO type A VGN-AW71JB フォトエディションですが、やっと完全体になりました。先日の BIOS アップデートでついに Intel VT 対応になりました!(≧ο≦)ノ

購入前から気になっていたのが Intel(R) Virtualization Technology 非対応ってことです。以前にどこかの記事で相性問題で VT 対応が難しいんです・・・なんて開発者レビューみたいなのが書いてあった記憶があります。
2ch にもちょっとしたスレがあがってます。【Virtula XP】VAIOは intel VT 非対応【使えない】

「インテル バーチャライゼーション・テクノロジーには対応していません。」 と明記されてきた機種たち。

type A VGN-AW72JB・AW52JGB スペック
http://www.vaio.sony.co.jp/vaio/pre_include/html/AW3/spec_retail1.html
type F VGN-FW73JGB スペック
http://www.vaio.sony.co.jp/vaio/pre_include/html/FW4/spec_retail1.html
type N [NWシリーズ] VGN-NW70JB スペック
http://www.vaio.sony.co.jp/vaio/pre_include/html/NW1/spec_retail1.html
type N [NSシリーズ] VGN-NS72JB/W・NS52JB/W・NS52JB/L・NS52JB/P スペック
http://www.vaio.sony.co.jp/vaio/pre_include/html/NS3/spec_retail1.html
type BZ VGN-BZAANS・BZAAHS スペック
http://www.vaio.sony.co.jp/vaio/pre_include/html/BZ1/spec_vom1.html
type C VGN-CS72JB/W、VGN-CS62JB/P・R・Q、VGN-CS52JB/W スペック
http://www.vaio.sony.co.jp/vaio/pre_include/html/CS3/spec_retail1.html

今までずーっと意味不明だと思ってきましたが、何故わざわざ VT 機能を BIOS レベルで強制的に無効化しなくてはならなかったのかを教えていただきたいものです。何が問題だったのかを。でも流石に Windows 7 の XP モードなんて機能がでてきちゃったものだから、本格的に対応を考えなきゃってことでアップデートに盛り込んできたのかな?なんて思っています。

- スポンサーリンク -

アップデート要件は下記の通りです。不思議なことに Windows 7 32bit が対象になっていません。BIOS レベルの話なので、アップデートしちゃえば大丈夫じゃね?って思わなくもないですけど、僕は Windows 7 64bit なのでちょうど対象 OS なのでラッキーです。

VGN-AW*1、AW*0「BIOS R1054Y2」アップデートプログラム
■対象製品
 このプログラムが対象としている製品は、以下のものです。
 ・ VGN-AW91CYS・AW91YS・AW91CDS・AW91DS・AW91CJS・AW91JS
 ・ VGN-AW81YS・AW81DS・AW81JS・AW71JB・AW51JGB
 ・ VGN-AW90US・AW90NS・AW90S・AW80US・AW80NS・AW80S・AW70B/Q・AW50DB/H
■対象OS
 このプログラムが対象としているOSは、以下になります。
 ・ Windows 7 64ビット (*)
 ・ Windows Vista 64/32ビット
■追加される機能
 上記のコンピューターにおいて、以下の機能を追加しました。
 ・BIOSセットアップ画面に"Intel(R) Virtualization Technology"を制御する設定を追加しました。
 * Intel(R) Virtualization Technology"の機能があるシステムが対象になります。
 初期状態では機能は無効になっています。

まぁ何にしろ VT 機能は一刻も早く有効化したいので、VAIO update 経由でアップデートを行います。アップデート中はなぜだか CPU FAN が回転数 MAX でマシン騒音が凄いです。数分でアップデートは完了してマシン再起動。

img001.png

デフォルトでは VT は無効化されていると書かれていたので、再起動する際に F2 キーを押して BIOS 設定画面から VT を有効にしてあげます。

DSC_0208.JPG

さって、アップデートも終わったことなので、CrystalCPUID で確認をしてみることにしました。左がアップデート前に取得した画面で、右がアップデート後に取得した画面です。

img004.pngimg006.png

・・・アレ??  o(・_・= ・_・)o キョロキョロ

うーん・・・どう見ても違いがわからないんですけど・・・というか、アップデート前から VT の項目が有効になっているようにも見えます。もっとも最近は自宅での開発行為が止まっているため VMware を起動することもめっきり減りました。そんなわけで、intel VT の恩恵を預かることができるのは、もう少し先になりそうですけど・・・よかったよかった。

- スポンサーリンク -