続:欠かさず歯の定期検診を受けたが 7 年後に再根管治療の真っ最中です(体験談)

欠かさず歯の定期検診を受けたが 7 年後に再根管治療の真っ最中です(体験談)の続編です。この記事では根管治療の二回目以降の体験談を書き綴っていきます。本文は今回もグロい画像が掲載されるので、気にする方は閲覧なさらぬようお願いします。

今日現在、二回目の根管治療を受けていないので、まずは別の話題。初診で撮影した別のレントゲン撮影を用いて別の話題を書いてみます。

8 年前の虫歯根絶治療で、かなりいろいろな歯を治療したのですが、下奥歯の左右でゴールドインレーとセレックを使い分けて実体験をいつか書こうと思ってましたが、いい機会なので書いてみます。

セレックとは知らない方もいるかも知れないので説明を書いておきます。セレックとは英語で CEREC と書き CERAMIC RECONSTRUCTION(セラミック修復)の略で、歯の修復物を設計・製作する CAD/CAM システムです。かつては次世代の機器と言われていたシステムです。当時の歯科医師に価格を聞いたところ 1000 万円以上投資したと言っていました。

th_IMG_5060.jpg

- スポンサーリンク -

ゴールドとセラミック、どちらが正解だったのか?

当時を思い返すと、セレックの造形物の精度を考慮してなるべく平らになるように、歯は少し広めに削る必要があると言われた記憶があります。一般的なセラミックの造形物より少し品質が落ちるけど、圧倒的に安価で今後を考えるとおすすめの治療方法ですと説明を受けました。確か自費治療で 3.5 万円ほどだったと記憶しています。

歯を削った後に数分程度で歯をスキャンし、即座にデータがセレックに送信されて、機械がキューブ型のセラミックを自動的に削って造形物ができあがるのを待つというものでした。待ち時間は大凡 2 時間程度だったと記憶しています。治療当日にセラミックの被せものが出来上がるので大変満足したのを覚えています。

そして 8 年が経過。今通っている歯科医師からはゴールドじゃなくてセレックの方が正解だったねと説明を受けました。レントゲン画像を見ても、セレックは歯とセラミックが一体化しており隙間がゼロなのに対して、金属の詰め物は造形物と歯の間にどうしても隙間ができるんだよね、見てわかるかな?と説明を受けました。確かに金属の被せものと歯の間には黒い隙間が見て取れます。

ゴールドインレーとセラミックはどちらが正解なのか?を実体験として検証した結果、セラミックが正解だと 8 年後に判明しました。ゴールドは普通の金属と変わらず合着固定なのでミクロンな視点では隙間ができていることを確認できました。

th_IMG_5060_2.jpg

後で興味があったら、接着と合着について調べてみてと言われたので調べてみました。大きな虫歯の治療が必要となった場合には、被せものはセラミックを選択しようと思っています。

接着による固定

接着材と、接着される素材が化学的に合わさることによってくっつけられる化学的な方法です。セラミックを使用し、レジンセメントを介して接着して歯と詰め物を化学的に結合させ一体化しています。

一体化しているため、隙間から細菌が入りにくくなっています。さらにセメント自体が溶けにくため、年月が経っても虫歯になりにくいのが特徴です。

合着による固定

接着部分に接着剤がはいりこみ、固まり離れなくなる状態になる機械的な装着方法です。無機セメントで、リン酸亜鉛系、アイオノマー系などが使用されています。固まっているという状態であるだけで、歯と一体化しているわけではありません。

歯と修復物の隙間にはミクロのレベルで若干の隙間があるため、セメントの溶けだしが起こり、そこから細菌が入ってくる可能性があります。主に金属で取り扱われるため、時間が経つと隙間からはがれる場合があります。




さて、ここからは、再根管治療の体験談となります。とりあえず完治するまでこの記事の更新を続けます。

2022.7.12 応急処置 2 回目

前の記事で書いたとおり、一回目の根管治療を受けた翌日にはフィステルが巨大化し、翌日には歯茎が決壊して膿が流れ出してきました。今日現在、膿が溜まっては決壊して流れ出すを繰り返しています。

再根管治療 1 回目の前後で違うのは腐敗臭の有無です。今回の膿は今までのような嫌な匂いはせず、サラッとした感じです。歯茎の腫れ方も赤く腫れ上がっていたのが、ニキビのように膿が出たそうにしている腫れ方に変わりました。

th_IMG_5163.jpg

応急処置として、仮の被せものを半分削って内圧が高まらないようにしました。逆の言い方をすると膿がある程度垂れ流しにされるようになりました。フィステルも自分で潰したくならないように膿を出しておいてほしいとお願いをし、表面麻酔をかけてから穴を開けて溜まってる膿を出してもらいました。

「思ったよりも大きいな...」とボソッと呟いたのがとても気になりましたが、「治療の方向性は間違っていないので頑張りましょう」と言われたのを信じて完治まで頑張ります。

th_IMG_5165.jpg

2022.7.22 再根管治療 2 回目

応急処置により膿が排出される出口ができました。徐々に歯茎の腫れは治まる一方で、排出される膿の悪臭が再来しました。また日を追うごとに歯の中で雑菌が繁殖するからでしょうか。匂いがだんだん強まる傾向にあり再びイソジンで口を濯いで消毒することで二回目の再根管治療の日を首を長くして待ち続けました。

なお歯茎の腫れは 3 日ほどすると完全に治まり、一週間ほどで歯茎が引き締まり見た目の状態はすごく良くなってきましたが、根の部分が疼く嫌な感じが続きました。

th_IMG_5187.jpg

待ちに待った再根管治療 2 回目を受けてきました。今回から麻酔なしの治療に変わりました。

再根管治療なのでとうの昔に神経はなくなっており、神経がなければ痛みはないだろうと論理的には理解したのですが、結果、くっそ痛かったです。何度も痛いと伝えたのですが麻酔はしてもらえませんでした。

根管治療は、針のような器具(リーマーやファイル)を使って汚染された部分をガリガリと擦りながら根管を拡大して清掃を行います。既に神経がないためこれは本来痛みを伴わないのですが、根管の長さよりも器具が深く入り込むと、根尖孔の外に針が押し出され痛みを伴います。ピピピピッと音がなってるにもかかわらず奥に押し込まれたときはかなり痛みを伴いました。

また、どうやら歯根膜(歯の根っこと歯槽骨との間に存在する膜のような組織)が、まだ炎症を起こしているらしく、器具でゴシゴシ清掃しているときにも、刺激が骨に伝わり持続的な痛みを感じました。先生曰く、歯茎の締まり方や中の状態は良くなってきているのは明らかだが、清掃で痛みを伴うということはまだ炎症を起こしている証拠であり、痛みが出なくなったときが治療が終わるときでしょうとのことです。

なお治療中はキッチンハイターの匂いが鼻につく感じがしたので、次亜塩素酸ナトリウムという消毒薬を用いた洗浄を行ったと考えられます。

もう膿が溜まって歯茎が腫れる状態は脱したので、無菌状態になる治療に向けて再度仮の詰め物をかぶせました。幸いにも治療翌日も歯茎は引き締まったままなので、徐々に良くなってきている実感はあります。

th_IMG_5202.jpg

2022.8.3 再根管治療 3 回目

2 回目の治療後 2 日程度は根を個沿いで洗浄した部分に軽い痛みを覚えましたが、その後は非常に調子がよく全く痛みを感じることがなくなり、回復の兆しを見ることができました。

そして 3 回目の再根管治療。そろそろラバーダムを使って無菌状態で治療をして欲しいと思っていたので、受付でラバーダムとマイクロスコープを使った治療を行って欲しいと頼んだところ、今回から使っていただいての治療に変わりました。オーダーを出したから使ってくれたのか、元々そろそろ使う予定だったかは測りかねるのですが、個人的にはラバーダムとマイクロスコープを保険治療内で使ってくれる歯科医院だということで、ここに決めた理由もあることなので遠慮なく希望を出してみました。

ラバーダムって何?という方も意外と多いと思うので、フリー素材から流用した画像で説明するとこんな感じのゴムシートです。

th_photo-filling-the-gap-in-dentistry.jpg

このゴムシートで治療する歯だけを露出させます。口内は様々な菌が充満しています。治療する歯をゴム製のシートで隔離することで、唾液や血液に触れて菌が侵入するリスクを最小限にすることができます。海外ではラバーダムなしの治療はありえないと言われているくらいで日本の歯の治療は非常に遅れていると言われている一例でもあります。

th_human-tooth-dental.jpg

話を戻して、今回の根管治療も麻酔なしでの洗浄でしたが、相変わらず痛かったです。かなり冷や汗をかきました。前回と同じく 2 日目の今日も若干傷みを感じる瞬間がありますが、調子は非常に良いと感じています。

th_IMG_5338.jpg

先生曰く、二週間後にもう一度洗浄を行い、その次に被せものの型取りに行けるほど順調に進んでいるとのことです。


...以下、半年ほど再根管治療の体験談が続く予定です。

- スポンサーリンク -

関連する記事&スポンサーリンク