歯を再石灰化・再結晶化してくれるガムPOs-Ca F(ポスカF)を食べ続けてます

知覚過敏の治療から二ヶ月が経ちました。え?どうなったかって?

えぇ・・・バリバリまだ歯はしみます・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とりあえず口に含むものの温度がヌルくなるようにしています。正直日常生活に相当支障が出てるレベル。ざっと例を挙げるだけでこんなにも支障が出てます。

  • 常温の水道水はしみるので30度くらいのお湯になるまで口に含まない。
  • 高温の食べ物はもれなくしみる、硬いものは歯が痛むので、適度に冷めたものを食べる。
  • 冷たいもの(ビールなど)は口に含まず、一気に喉に流す。
  • 右側が知覚過敏なのでサラダなど冷たいものはセラミックの歯にした左側で噛む。
  • 繊維質が多い野菜は左側のセラミックの歯では旨くすりつぶせないので右側で噛む。

その他、虫歯予防として以下の点に気をつけています。それなりに意識しないと面倒なレベル。

  • 歯を磨くのは食事後20分程度経ってからシュミテクトで15分ほど磨く。
  • 夜は歯間ブラシとデンタルフロスで歯間をちゃんと磨く。
  • 3ヶ月に一度、歯科医院で歯のメンテナンスを行う。
  • POs-Ca F(ポスカF)を食べ続けて歯を再石灰化・再結晶化を頑張る。

今回は、ここ一ヶ月ほど食べ続けているPOs-Ca F(ポスカF)というガムをご紹介していきます。

DSC04126.jpg

- スポンサーリンク -

POs-Ca F(ポスカF)ってどんなガム?

歯にいいガムって聞けば、キシリトールが思い浮かぶ人が多いと思います。キシリトールは砂糖の代替甘味料として1997年代ごろから使われ始め、歯にいいガムとしてキシリトール入りシュガーレスガムが各社から販売されました。
今となってはキシリトールじゃないガムのほうが少ないくらいじゃないでしょうか。

代替甘味料としてキシリトールを用いたガムを第一世代とすると、脱灰(酸によってカルシウムが失われた)した歯の再石灰化を促進する成分を配合したガムが第二世代となります。こちらも各社からガムが販売されていますが、代表的なところとしてポスカムやリカルデントが有名どころ。僕も一時期はリカルデントをよく食べてました。

そして第三世代のガムとして、虫歯予防に留まらず初期の虫歯を修復する機能をもつガムが販売されるようになりました。今のところ第三世代のガムは POs-Ca(ポスカ)だけです。さらに、歯にいい成分として、ポスカにフッ素を配合した歯科医専用のガムがあります。今のところ歯にいいガムとしては国内最強。

成分的には、まぁいろいろ入ってます。再結晶化の鍵となるリン酸化オリゴ糖カルシウムは物質特許をとってるそうです。

DSC04127.jpg

まぁそんなわけで、知覚過敏になってからは、とにかく歯に気を使っているので、ポスカ F を食べ続けることにしました。通っている歯医者で売ってますが少々お高いです。歯科医専用ガムなので歯科医でしか購入できないとされてますが、実はネットでセット買いをすることができ、若干オトク価格で売られています。

POs-Ca F(ポスカF)の正しい食べ方

ガムにも正しい食べ方というものがあるそうです。このポスカFの場合は、一回に2粒、20分以上よく噛むのが正しい食べ方だそうです。

20分も味もしないのに噛めないよと食べ始める前思いましたが、このポスカF、最近良くある味が長持ちする系のガムで、ガムペーストそのものが何時までたっても若干甘い味がします。食べ始めは唾液がこれでもかというほど溢れてきて、徐々に味が薄くなっていくにすれて唾液量も減りますが、いつまでも味があるので20分間は唾液がしっかり出て、口内環境を整え、第三世代ガムの機能としての再石灰化と再結晶化が進むそうです。

基本的には何時食べても良いそうですが、僕は食事後、歯を磨く前にガムを食べ、食べ終えてからシュミテクトで歯を磨いています。歯を磨く時間がないときでも口内環境だけは整えておけるので良いかと考えてます。後は行き帰りの通勤電車内。これは単に暇だから。

そんな感じで一日に概ね4〜5回ほど食べるてるわけですが、一袋は半月程度で消費する感じです。市販されてるボトル型のガムよりも若干高いですが、個人的に満足してます。

まぁそんなわけで一ヶ月ほどポスカFを噛み続けてますが、正直効果はわからんです。まぁ歯にいいことだけは確かなので続けていこうかと思ってますが・・・

残念ながらこのガムで知覚過敏は治りそうもありません。 (´Д⊂ モウダメポ

- スポンサーリンク -