鶏手羽と栗の甘辛醤油煮のレシピ

数年前から地元の農家の方が栽培している栗を地元住民に販売するようになりました。去年なんかは10人程度しか並んていなかったと記憶してますが、噂が広まったのか今年は例年に無く人の列が半端ないです。週末の販売ともなると、30分前に並んで5番目程度。AM8:00の販売開始時には35人ほどの行列ができる盛況っぷりに、農家のおじいさんも若干引き気味。

ココで買う栗は500gで300円とスーパーの半額と格安でありにもかかわらず、新鮮で栗のつぶが大きくて圧倒的に旨い。そりゃスーパーで買うよりココにに並ぶわなって感じです。

今年は合計で4回並んで買ったかな。ココの栗の種類は知らないのですが、栗ご飯が一番美味しく食べられる品種のようです。ただ栗ご飯ばかりも飽きてくるので違った食べ方をしてみました。
ってなわけで、どこか中華系のお店で食べた記憶のある手羽と栗の甘辛煮です。調理時間は大凡30分程度です。

DSC04110.jpg

- スポンサーリンク -

鶏手羽と栗の甘辛醤油煮のレシピ

材料
鶏手羽中または手羽先: 600g
ネギ: 1本
栗: 150g
生姜: 一片

調味料
水: 大さじ4
醤油: 大さじ3
日本酒: 大さじ3
砂糖: 大さじ1
はちみつ: 大さじ1

調理時間
30分

DSC04094.jpgDSC04093.jpgDSC04095.jpgDSC04100.jpgDSC04103.jpgDSC04105.jpg

作り方(レシピ)

  1. 半日ほど水につけた生栗の皮を包丁でむく。
  2. フライパンに油を薄くひいて、手羽の皮の部分を下にして、ネギ、生姜、生栗を加えて中火で焦げ目がつくまで炒める。
  3. 調味料を全部合わせてフライパンに加え、ひと煮立ちさせる。
  4. 小さな穴を開けたアルミホイルを被せて、ちょい弱火で15分ほど煮込む。
  5. 肉をひっくり返して更に5分ほど煮込む。
  6. アルミホイルを取り、中火に変えてタレを煮詰めて肉によく絡ませる。
  7. お皿に盛りつけて完成です!

苦手でなければ、八角を入れるとグッと中華度が上がります。うちは薄めの醤油を使ってますが、タレを混ぜ合わせるときに醤油の分量をお好みの味になるように調節すると良いと思います。

- スポンサーリンク -