Google AdSense の広告クリック範囲が変更されました

もうすでにほとんどの広告フォーマットで移行作業が完了されたかのように思われますが、AdSense のクリックできる範囲が変更になりました。ここ数日で一気に変更されましたね。

百聞は一見にしかず。こんな感じに変更になりました。赤色の部分がクリック可能な部分です。

adsense.jpg

従来は背景部分もクリック可能な領域だったのですが、リンク部分のみがクリック可能な領域となりました。一言で言うとクリック可能な領域が半減したってことですね。他社の広告で背景がクリックできる方が少ないので誤クリックという観点からすれば正しい改善かと個人的には思っています。

- スポンサーリンク -

一方アフィリエイターとしての観点からすれば確実に収入は減ると思われます。世の中一般のブログを見渡しても記事に馴染むように AdSense を貼り付けて云々ってのがクリック率を高める方法とされてきています。
馴染むように → 埋もれるように はまた意味が違く違反になる行為で、そのような違反チックな張り方でクリック誘導をねらっている場合は収入は半減するのではなかろうかと思います。

このブログの場合は左バナーからの誘導が多く、まぁ一般的な張り方だと自分では思ってますが、それでも広告フォーマットが変更になってからはクリック数は減りましたね・・・orz


※記事の引用元

 AdSense 日本版 公式ブログ: うっかりミスクリックを防ぐ新しいテキスト広告フォーマット

このようなより良いサービスの提供を目指す努力の中で、今回私たちはミスクリックを減らすためにテキスト広告のフォーマットを若干変更することにしました。これまではテキスト広告ユニットのどの部分(背景も含む)もクリックすることができました。これからは、広告ユニットの中のタイトルまたは URL 部分のみをクリックできるように変更させていただきます。この変更により、うっかりミスによるクリックをなくし、ユーザーの意思に基づくクリックのみをカウントするようになります。ミスクリックを防ぐことによりユーザーもより長くお客様のサイトを閲覧し、広告をクリックするまでコンテンツを参照し続けるようになります。
このテキスト広告フォーマットは既に Google の検索結果画面で使われているフォーマットとほぼ同様なものであり、サイトを訪れるユーザーの皆様にも馴染みのあるフォーマットとなります。
さらにこの変更は、サイトのユーザビリティを向上させるだけではなく、広告主様にとっても意義のある変更となります。ミスクリックやいたずらによるクリックが減少することで、広告主様が求める、本来のユーザーの意思に基づくクリック率が向上します。これにより広告主様から見た AdSense プログラムの費用対効果は向上し、より多くの予算を AdSense に投入していただくことで、サイト運営者の皆様の収益率も向上すると考えています。


ブログだけで喰っていくって夢は遠のくばかり・・・
Google の Android デベロッパーチャレンジにでも応募しようかなぁ・・・

- スポンサーリンク -