改造版メイリオフォント MeiryoKe がはげしく良い件について

Windows Vista を使い始めてはや半年がすぎたころなのですが、当初めちゃめちゃ違和感のあったメイリオフォントにも慣れ始めました。で、なんとなくサイトをメイリオフォント対応にしようかなぁ〜と思い立ってしまい、css を適当に組んでみた。いろいろと情報を集めてみたら mac 環境も考慮すると、こんな css が良いらしい。

body {
    font-family:'ヒラギノ角ゴ Pro W3','Hiragino Kaku Gothic Pro','メイリオ',Meiryo,'MS Pゴシック',sans-serif;
}
で、サイトを表示してみました。

・・・・・・・ むっっはぁぁぁぁぁっ!!

- スポンサーリンク -

font01.jpg

忘れてました。メイリオは他のフォントに比べて横長なんです。なんだかヘンなんです。フォント幅が違うので CSS も乱れて表示はめちゃめちゃです。

ちなみに今まで通り MS Pゴシックで表示するとこんな感じです。

font02.jpg

・・・・・・・ちょっとの間悩む・・・・・・・

そこで思い出しました。確か昔にメイリオフォントを改造して MS Pゴシック互換っぽいフォントを作るツールがあったなぁ〜と。。。ちょっと探したらでてきました。

MeiryoKe ver 5.00+ rev1 ってツールです。(※ダウンロード先はちょこちょこ変更されるようです・・・)
※見つからないときには meiryoKe_gen_5.00rev1.zip あたりで検索すると、そのうちヒットすると思います。 (・ε・)

ツールの使い方等はこのサイトでは紹介しません。直接作者さまのサイトをご覧下さい。ネットで検索してもでてくるでしょう。ちなみに、注意点が1つあります。そのまま転記しておきます。

meiryoKeGothic 基本
 meiryo5.00をベースに、文字の横幅だけ MSゴシックに合わせたフォント。
 収録文字は オリジナルのmeiryoのものと、一部msgothic2.30を使っています。
 ライセンス的には真っ黒なので、正規Windows Vistaユーザーであるのは勿論、
 Windows Vista上での私的利用に留めるように。


製品版の Windows Vista に付属しているメイリオフォント ver 5.00 でないとこのパッチは動作しません。ベータ版等のメイリオフォントは ver 0.98 とかなので対象外です。正規のライセンスを持っている場合、私的利用に限りOKかも?ということで。

MS Pゴシック、メイリオ、改造メイリオの比較参考画像はこちらです

ボールド指定をすると、MS Pゴシックのボールドと横幅が変わってしまうのですが、ボールドでなければ横幅が MS Pゴシック互換になります。縦幅は微妙に大きい。と思う。


さて、最終的に CSS をこんな感じで組んでみました。

body, table {
    font-family:'ヒラギノ角ゴ Pro W3','Hiragino Kaku Gothic Pro','meiryoKe_PGothic','MS Pゴシック',sans-serif;
}

これで自分的に納得のいく美しさで表示することが出来るようになりました。

font03.jpg

もし Vista をお持ちでフォントの表示が気に入らないーって場合は、MeiryoKe フォントを作ってみては如何でしょうか?もちろん見ているサイトが MeiryoKe 対応でないと意味ありませんが、Drk7.jp は MeiryoKe 対応っつーことで。

※当たり前ですが、MeiryoKe はこのサイトで配布しないし問いあわせ頂いてもお答えできませんのであしからず。

- スポンサーリンク -