気象庁の天気予報情報をメタデータ化→XML 形式にしてみた

当サイトで配布している Movable Type 天気予報プラグインの「MTWeatherプラグイン公開」を作ったときに気づいていたのですが、日本では無料で利用できる天気予報のメタデータが存在しません。その時は深く考えていなかったのですが、最近になって天気予報にまつわる政治的なお話しを知りました。

天気予報にまつわる政治的なお話しの説明は、下記の説明ページに譲ります。

要点をまとめると、天気予報情報業界の構造はこんな感じになっているようです。

- スポンサーリンク -


  1. 税金を使って観測した各地の気象台で気象データと予報官が予測した天気予報情報が気象庁に集められる。
  2. そのデータが財団法人 気象業務支援センターを通じて大手の民間気象情報会社や、財団法人 日本気象協会にオンライン配信される。(有料?無料?どっちだろう?)
  3. 大手の民間気象情報会社や、財団法人 日本気象協会が有料にて企業にデータを配信

主張としては、税金を使って観測した情報なら「総務省統計局が無料配信している国勢調査、人口統計」や「国土交通省が無料配信している街区レベル位置参照情報ダウンロードサービス」などがあるのに、天気予報だけ有料なんてのはヘンじゃない? ってわけです。

僕的にも、「effyの日記 - 気象情報の著作権」や「kenbo.net : 天気予報RSSを公開」の人と同じような意見でして、法的にはグレーな領域だけど気象情報のメタデータは大勢の人が無料で利用できることを望んでいるはずで、下記のような意図でサービスを公開することにしました。ご納得頂ける方のみご利用いただければと思います。

 気象庁の天気予報情報を XML で配信 :: Japan Weather Forecast xml はこちら


  • Japan Weather Forecast XML のデータは気象庁が公開している天気予報情報(http://www.jma.go.jp/)のみから独自の手法でメタデータ化して XML 配信するサービスです。本サービスは税金で調査された天気予報は、その他の国が提供するデータ同様に私的な目的で利用可能という考えのもと、実験的な意味合い公開しています。またここで公開する天気予報 XML は当サイトの MTWeather などのように私的な目的で利用することを前提としたものです。商用利用等の個人的利用以外の目的でのご利用はお控えください。

  • XML のフォーマットは暫定的なものです。今後のバージョンアップにて予期せずフォーマットが変更される可能性があります。また、ご要望等ございましたら遠慮なくお問い合わせフォームからご意見ください。。

  • 本サービスを利用することにより発生する損害については一切保障しません。また何らかの問題が発生した場合、予告なく早期にサービス停止いたします。


本来は、気象庁から同様の情報が XML で配信されるべきで、それを告知もしていたのですが実現していないようです。以下、その他参考サイトです。

- スポンサーリンク -