♨実は一度も行ったことがなかった昭和の香り漂う尾張温泉に行ってみた

ひとつ前のエントリで刈谷ハイウェイオアシスの温泉かきつばたを紹介しましたが、今回の帰省でブログにできるネタは温泉日記程度なので、続けてもう一本温泉ネタを書いています。

実家周辺も車を 30 分も走らせればいくつか温泉施設(スーパー銭湯含む)があるのですが、今回は記憶にあるかぎり一回も行ったことがない尾張温泉に行ってみました(ひょっとすると小さい頃に親に連れられ行ったことがあるかもしれない・・・)。

愛知県下唯一の日本名湯百選にも選ばれた治癒力の高い良泉で、おそらくは地元で一番有名な温泉ではなかろうか。それにもかかわらず就職前の若いころは温泉にたいして興味もなかったので、実のところ一度も行ったことがなかったのです。

DSC01921.jpg

- スポンサーリンク -

尾張温泉の泉質は低張性弱アルカリ性高温泉/低温泉

ここ尾張温泉の源泉はなんと 6 つもあります。1-4号泉は高温泉、5-6号泉は低温泉で、これらを併せて加水、加温することなく調度よい湯加減を実現しています。もちろん源泉 100% 掛け流しです。

源泉名尾張温泉1号泉、尾張温泉2号泉、尾張温泉4号泉
泉質単純温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
泉温出量49.6度 出量不明
pH7.1〜7.9(弱アルカリ性)
成分統計6,300mg/kg
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、運動麻痺、うちみ・くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
源泉名尾張温泉3号泉
泉質単純温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
泉温出量49.7度 出量不明
pH7.6(弱アルカリ性)
成分統計7,000mg/kg
源泉名尾張温泉5号泉
泉質単純温泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)
泉温出量27.4度 出量不明
pH8.5(アルカリ性)
成分統計2,200mg/kg
源泉名尾張温泉6号泉
泉質単純温泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)
泉温出量27.8度 出量不明
pH8.5(アルカリ性)
成分統計2,000mg/kg

昭和の香り漂う館内

1963年にかにえ温泉東海ヘルスセンターとしてオープンしました。1966年に施設の改装を行い尾張温泉東海センターとしてリニューアル。1,500人を収容できる演芸ホールを有しており歌謡ショーや大衆演劇が催されていたそうです。尾張温泉周辺も温泉街としてたいへん栄えていたそうですが、残念ながら施設の老朽化や利用客の減少もあり宿泊施設は2013年で閉館、演芸も同年に廃止されました。今は周辺も寂れてしまいましたが、頑張って営業を続けているようです。

そんな歴史を持つので、館内入口は当時の面影を残します。

DSC01922.jpg

館内は健康ランドっぽい趣を残しつつ、衣類や土産物が売られていて、ここはスーパーなのか?温泉なのか?とカオスな状態になっています。

DSC01924.jpg

8月は子どもの入浴料が無料だった

定期的にイベント企画があるようですが、この 8 月は子どもの入浴料が無料でした。大人 620 円、小人 260 円ともともと安い入浴料ですが、子ども無料期間中でちょっと得した気分を味わいました。いろいろ営業の努力が見られます。

DSC01927.jpg

悲しいかな温泉パワーはあまり感じなかった

確かに諸々の設備は古いですが、毎朝 6:00 にすべての浴槽の湯を抜き 3 時間かけてみっちり掃除した後に、2 時間かけて湯張りをしているそうです。なので衛生的ですし浴槽はヌルヌルすることなくとても綺麗です。
ただ残念かな。日本名湯百選に選ばれていますが、入浴してみた率直な感想としてはそれほど温泉パワーを感じませんでした。

img101.jpg

ほんのり硫黄の香りが漂う湯で香りはキツくなく、低張性&弱アルカリ性ということもあり、比較的長湯しやすい温だと思います。ですが高張性が好きだったり、強アルカリ性が好きだったりとガツンと来る湯が好きなので、個人的には湯がシンプル過ぎる印象です。

ただ楽しみ方はいくつかあって、6 つの源泉を使い分けているので、場所によって熱い湯、ぬるめの湯と違いがあります。若干温泉の香りの強さも若干異なるので、移動しながら湯を楽しむことができます。また露天風呂は湯の花が咲いていて、隣の佐屋川から清々しい風が吹いてくるので、内湯とは違った風情が楽しめます。

img100.jpg

番外編

カオスな館内の一角に個人的にものすごく好きな調味料が売っているのを発見!
思いがけず七宝みそと七宝タカラソースをゲットすることが出来ました。どちらも地元で作られた味噌とソースなのですが、どこか懐かしい味がするので好きです。

DSC01934.jpg

尾張温泉へのアクセス

地元の人以外は東名阪自動車道の蟹江 IC で降りると良いでしょう。車じゃない方は、ちょっとお金かかりますが近鉄蟹江駅からタクシーで行くと宜しいかと。

尾張温泉東海センター
〒497-0044 愛知県海部郡蟹江町蟹江新田佐屋川西97
TEL. 0567-95-3161
営業時間/13時〜23時(最終受付22時30分)
定休日/なし

実家から車で僅か 10 分の場所にあり、とても近い温泉ではあるのですが、もうちょっと温泉パワーを感じる温泉に行きたいな・・・ってのが結論です。

- スポンサーリンク -