元愛知県人なのでそろそろブロンコビリーの旨さについて語っておくか

旨い肉が食いたい!そんなとき皆さんはどうされてますか?

旨い肉を買ってきて家で食べる。これが最もコストパフォーマンスが良い、ってのは認めます。我が家も夕食ならば A4, A5 の和牛赤身を買ってきてビール飲みながらガスコンロのグリルで焼いて食べるってスタイルをとっています。でもランチは話が別。ここ最近はランチのお得メニューを狙って昼時にステーキ・ハンバーグレストラン・ブロンコビリーに行くことが多いです。

結論から言っておくと、ここ近年の庶民的価格で旨さ比較をするならば、ブロンコビリーがダントツで旨いと断言します。特に安くて旨いのが「がんこハンバーグ」。まだ食べたことがないなら今週末にでも行っておくレベルです。

まぁそんなわけで今週末もブロンコビリーに行ってきました。(๑´ڡ`๑)

img017.jpg

- スポンサーリンク -

20年以上前のブロンコビリーはこんなに旨くはなかった

そもそも愛知県以外の人は、ブロンコビリーって店を知らないかもしれないですね。

ブロンコビリーはもともと名古屋の発の店なんです。東海地方を中心に店舗を拡大してきました。関東人ならブロンコビリーは知らない人はいないと思うくらい有名です。ここ近年は東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、京都府、滋賀県にも出店してきているので、関東の人もひょっとすると比較的近くに店舗があるかもしれないです。

僕の実家は名古屋郊外でして実家から車で5分程度と大変近い場所にブロンコビリーがありました。記憶をたどると確か高校生くらいの頃からありました。その当初から今と変わらぬオープンキッチンで炭火焼きによるステーキやハンバーグ、食べ放題のサラダバーというスタイルでした。家族や友達と度々足を運んではデザートまで腹がはち切れるくらい食べたものですが、今ほど旨いと衝撃を受けた記憶はありません。

1997 年に社会人となりまして、東京に上京してからはブロンコビリーに行くこともなくなり、実家に帰省するときにはより好意にしていた店に行くことが多く、ここ 15 年ほどは行ってなかったんじゃないかな。その間に低価格競争に参入した結果、味が落ちて客離れが進み赤字転落・・・などいろいろあったようですが、本当に旨いものを客に提供する元の理念に立ち返り見事復活を果たしたとのことです。

まぁその復活躍進劇もありまして、1年ほど前に今の自宅から車で 15 分くらいのところにもブロンコビリーができまして、前から気にはなってたんですが去年の年末辺りに行ってみたところ、これが激旨!以前とは比べ物にならないくらい旨さが進化してた次第です。

まずサラダバーのクオリティーが高いんですわ

まず最初に語りたいのは肉ではなく食べ放題のサラダバー。とにかく新鮮で野菜が旨い旨い。今まで行ったことのあるレストランのサラダバーで間違いなくダントツで旨い。それもそのはず、野菜も果物もカットされたものが工場から送られてくるのではなく、店舗内で全て調理してるんです。だから新鮮。しかも殆どの野菜は安心の国産です。

まぁだいたい肉が運ばれてくるまでの間に2回おかわりします。美味しいのでバクバク食べてしまうので大概食い過ぎフードバトルになります。あえて一つ難点を言うならば、サラダバーの温度が鮮度を保つため超冷え冷えで、冬場は食べると体が冷えることでしょうか。

img007.jpg

がんこハンバーグを頼んでおけばハズレ無し

初めてきたならば、まず炭焼きジューシーがんこハンバーグランチを頼んでみてください。200g で 1,188円、250g で 1,339円です。セット価格でもちろん激ウマのサラダバーが付いてます。個人的には老人力が高くなってきて消化能力が衰えてきたこともあり 200g で十分な満腹感が得られます。

ハンバーグじゃなく肉がそのまま食べたいんじゃ!という方には炭焼きやわらかランチステーキセットがおすすめ。160g ですが 1,490円とお値打価格です。どっちも食べたいんじゃ!と言う方は、2030円しますが、炭焼きやわらかランチステーキ&がんこハンバーグコンビがおすすめです。

img002.jpg

なんつっても炭火焼きだから旨いんですわ

やっぱり素材の良さもあるとは思いますが、旨さの秘訣は炭火焼きにあると思ってます。余分な油が落ちるのはもちろんのこと、炭火独特の風味の良さが際立ちます。
ブロンコビリーのハンバーグ、ステーキのお肉はオージー・ビーフだそうですが、オージー・ビーフにありがりな肉の臭みは全く感じません。とりあえずメニュー選択は炭焼きと書いてあるものから選ぶのが間違いないと思いますよ。

img016.jpg

ハンバーグと肉は岩塩で食べてみるべし

ハンバーグやステーキを頼むと熱々に焼かれた鉄板とともに炭火焼きされた肉が運ばれてきます。その場で店員さんが和風ソースをかけますか?と訪ねてきますが、ソースは後で自分でかけるとして、まずテーブルにおいてある岩塩と胡椒で食べてみてください。間違いなくそのほうが旨いです。特におすすめしたいのはハンバーグのほうです。がんこハンバーグはハンバーグといえどもビーフ 100% なので非常に肉々しい味わい。比較的しっかりした味付けになっているので、シンプルに岩塩を足すだけで完成形に至ると僕は思ってます。

初めて注文した時に店員さんから岩塩で食べてみてください。おすすめですと言われたんですが、まさしくその通り。シンプルで旨いです。

ここ最近は連続でハンバーグを注文していたので、今日はステーキを注文しました。焼き加減はレアはやってないそうで、ミディアムで注文しました。こちらも同じくはじめ岩塩でいただき、半分はソースで頂きました。オージー・ビーフなのに柔らかくて、それでいて赤味の旨味がしっかりあります。個人的にはハンバーグよりもシンプルに肉なので、油で胃もたれしない分こっちのほうが好きですね。

img011.jpg

竈で炊いた魚沼産コシヒカリで米が旨い

僕が学生の頃はまだ竈ご飯じゃなかったと記憶してるんですが、ここ最近は全店舗に竈を設置してお米を炊いています。店舗によってお米の種類は違うかもしれませんが、いつも行く店舗はなんど魚沼産コシヒカリ。まずくなる理由がみあたりません。
ご飯は注文時に大中小から選べます。大変旨い米なのでつい大を頼みたくなるのですが、ぐっと我慢して中を頼みます。大を食べると明らかに食べ過ぎで胃もたれするんですよね。ちなむにご飯は比較的固めに炊きあがってます。

img001.jpg

ドリンクバーは実質無料のようなもんです

ドリンクバーも意外と良い飲み物が揃ってるんですよね。我が家はドリンクバーは勿体無いから注文することはめったにないのですが、ブロンコビリーはドリンクも旨いのが揃ってるから注文してもお得感が有ります。
でも実質無料のようなものなのです。スタンプスというアプリをインストールしてテーブルにおいてある2次元バーコードをスキャンしてスタンプをゲットすれば、家族全員がドリンクバー無料になります。くわえてお会計時にもらえるスクラッチカードで、ハズレ相当がドリンクバー無料券なので実質無料でドリンクバーを楽しむことができます。

img006.jpg

〆は絶品コーヒーゼリで!

〆は絶品コーヒーゼリで!と語っておきながら、あまりに美味しいんで食前にも食べてしまう始末です。このコーヒーゼリーと最初食べた時は衝撃を受けました。20年前のサラダバーについていたデザートとはもはや別次元。フルーツはもちろんのことゼリー類も揃えられているのですが、その中で一番のおすすめがコーヒーゼリーです。本格的なコーヒーの苦味が効いたゼリーでして、ここに自家製生クリームをたっぷりかけると絶品と言わずしてなんと言うか!というクオリティーのデザートに仕上がります。

ブロンコビリーでは追加でデザートは不要です。ラストは無料のコーヒーゼリーで十分な満足感が得られます。

img005.jpg

そして最後に、お店が綺麗なんですわ

これもこの店を選ぶ理由に十分なると思うのですが、チェーン店でありながらお店の作りが非常に綺麗でおしゃれ。おかげで視覚的に飯が旨くなる効果をもたらします。

img015.jpg

とまぁ超久しぶり行ったブロンコビリーの旨さに感動し、よくある初回は旨いと思ったんだけど次行ってみたらそうでもなかった的な残念感もなく、ここ直近で3回行ってみてもやっぱすげぁわブロンコ!と思わせる旨さなので勢いに任せて記事にして紹介してみた次第です。
お近くに店舗があるようでしたら一度足を運んでみてください。

とりあえず炭火焼きがんこハンバーグを注文しておけば満足できると思います。お近くの店情を探してみる場合はこちらから

- スポンサーリンク -