焼きそばみたいな味!ソースチャーハンのレシピ

年始に実家に帰った時に行きつけのラーメン屋でいただいた尾道のイカの揚げ煎餅。カリカリではなくモッチリと厚みのある揚げ煎餅です。お好み焼きの具として食べるのがオススメと聞いておりながら、未だに食しておらず。

そろそろ何かに使っておかないと味が落ちてしまうと思い、ソースチャーハンを作ってみました。これが屋台の焼きそばみたいな風味で思った以上に美味しかったのでレシピとして公開します。調理時間は概ね10分です。

DSC01458.jpg

- スポンサーリンク -

焼きそばみたいな味!ソースチャーハンのレシピ(3人前)

材料
固めに炊いたご飯(冷版): お茶碗4膳分
溶き卵: 2個分
いかの揚げ煎餅: 適量
ネビのみじん切り: 1本文
紅しょうがみじん切り: 大さじ2

調味料
ソース: 大さじ4 ※うちは名古屋名物のコーミソースを使います
胡椒: 適量

調理時間
10分程度

作り方(レシピ)

  1. 下準備。ネギ、紅しょうがのみじん切りを作り、いかの揚げ煎餅も1cm各程度に小さく切りそろえる。
  2. 薄い煙がでるくらいアツアツに熱した鍋に油大さじ2を入れ油ならしする。
  3. 火力は最大。アツアツの鍋に溶き卵を入れたら、すぐにご飯をいれてよく混ぜながら30秒ほど炒める。炒め方のコツは、家庭の火力は弱いので鍋は不利すぎず、卵が焦げ付かないようにお玉の縁や背中を使いながらお米をよく混ぜながら炒めることです。
  4. ネギと紅しょうがと揚げ煎餅を加えて胡椒で少々味付けして更に20秒ほど炒めます。
  5. 鍋肌からソースを加えソースがご飯にまんべんなく絡まるように、30秒ほどお米をよく混ぜながら炒めます。
  6. 屋台の焼きそばみたいにソースが香り立ってきたらお皿に盛りつけ、飾りのネギと紅しょうがを添えて完成です。

ご飯を混ぜるときには、ボールにお湯を張り、お玉にご飯がついてきたらボールにお玉を付けて洗い落としながら混ぜると、適度に水気が付いてご飯が混ぜやすくなります。ソースを混ぜる際はご飯の混ぜが足りないと色が均一にならないばかりか、ソースしょっぱい部分が出来上がってしまうので注意です。

そしてチャーハンの命のスピードも大切です。ベチャッとしないコツは固めのご飯を使うことにつきます。我が家は冷凍冷版をいつでもチャーハンに利用できるよう、レンジの水加減はいつも若干少なめの固めで炊いてます。

紅しょうががお好きな方は、食べる際に添える量を増やすと良いです。 (๑´ڡ`๑)

- スポンサーリンク -