2012年 韓国旅行に行ってきました(初日)

投稿日:

いつ海外旅行に行きたくなっても大丈夫!という状況を作っておくためにパスポートだけは先に取得しておこう!ってことで家族3人のパスポートを取得したのが昨年夏。親は10年、娘は5年の有効期限。その間に何度海外に行くことができるだろうね?・・・って話をしてから既に半年以上が経ちました。年に一度行くことができれば良い方でしょうか。

そんな背景もあり、家族からの強い要望で近場の海外旅行に行くことになりました。娘は初の海外旅行。無難に近場がよいでしょう。グアム、サイパン、香港、台湾、韓国で迷ったのですが、冬帰省したときの親族の意見では韓国お勧めは派が大多数だったので韓国に決めました。

韓国旅行ツアーを一通り見てみたものの、全然良いプランがありません。特に飛行機の時間帯が売れなさそうな時間帯のツアーばかりです。結局、飛行機も宿も自分たちでネットで予約&購入しました。ちょっと高く付いてしまって、大人2名・子ども1名・二泊三日で、交通費・宿泊費として20 万円弱かかりましたが、自由で良い旅になりました。(≧∇≦)b

DSC02607.jpg

- スポンサーリンク -

〜初日〜

自宅を 8:30 に出て羽田空港へ。国際線ターミナルは初になるので空港内を見てまわるだけでも結構楽しめました。ちょうど桜の咲く時期だったこともあり、お花見バージョンで装飾されていて綺麗でした。フライトまで若干の時間があったので、茶菓子を食して小腹を満たしました。

DSC02571.jpgDSC02581.jpg

そしていよいよ始めての大韓航空へ搭乗。
JAL 全盛期時代での大韓航空のイメージしか持ち合わせていなかったので、実は凄く期待していなかったのですが、全く普通です。いやむしろ新婚旅行の時に乗った飛行機より設備も整っていて快適でした。
二時間強のフライトですが、しっかりとランチもでました。海外線は食事が楽しみですよね。ちょっと辛めの韓国風豚の角煮丼?見たいな料理でした。お米は日本米とは明らかに違う種類でちょっとパサつく感じ。全体的に僕は食事を楽しめましたが、妻と娘は楽しむことができなかったようです。せっかくなのでビールも試しに貰ったのですが、発泡酒っぽくて不味かったです。

DSC02595.jpgDSC02609.jpg

食事をしたりで、あっという間に韓国に着きました。実に近い!韓国近い!
韓国の空港はちょっともの寂しい感じです。いやむしろ裕福な日本の空港が豪華すぎるって見方の方が正しいですね。そんなことを話しつつ入国審査を済ませ、時間が惜しいのでとっとと明洞まで移動。いろいろルートがあるっぽいですが、空港鉄道でソウルまで移動して地下鉄で明洞までってルートを選びました。空港鉄道はめっちゃ速くてお勧めです。
それにしても、韓国は交通料金がとにかく安い。タクシーも鉄道もめちゃくちゃ安い。日本ってどんだけ高いんじゃ!

DSC02615.jpgDSC02620.jpg

ソウル駅で地下鉄に乗り換えるときに苦労しました。韓国は t-money という Suica みたいなチャージ式の地下鉄のカードがあるのですが、ガイドブックにはコンビニで取り扱ってると書かれていました。ソウル駅構内のコンビニで t-money カードを購入したのですが、どうしても子供用のカードの購入方法がわかりませんでした。ひとまず大人用を三枚購入して自販機でチャージして乗車していました。

どうしても納得がいかず、宿泊ホテルのコンシェルジェの方に聞いたところ、駅構内のハングル文字オンリーな旅行者に易しくない販売機でしか、子供用は購入できないことがわかりました。駅構内のインフォメーションセンターの方に、身振り手振り&片言英語で理解して貰いつつ、やっとの思い出購入することができました。難しすぎです。
ちなみにチャージは旅行者に易しく、日本語、英語でも表示できるので、大人用を買う分には苦労しません。

DSC02617.jpgDSC02697.jpg

そんなこんなで苦労しつつ、ソウル駅から明洞へ移動。駅出口すぐのセジョンホテルへチェックイン!
検討当初はロッテホテルを検討していましたが満室にて予約とれず。悩んだあげくセジョンにしましたが、旅の結論として、交通の便を考えるとセジョンはかなり良かったです。

DSC02636.jpgDSC02675.jpg

スイートルームがそれほどお高くはなかったので、人生発のスイートルームを予約しました。部屋はリビングと寝室の二部屋。そして広いバスルームとトイレ。過去宿泊した中で間違いなく最も広かった・・・でも使いこなせなかった・・・orz

結論は、貧乏性の一庶民の我々には寝室のみの普通の部屋で十分なようです。家族の意見としては「リビングでのくつろぎ方がわからない!」でした。僕のせっかくの好意も逆効果だったようです。加えてスイートルーム以外の部屋は最近改装したらしく、ぶっちゃけ改装済みの部屋の方が綺麗でした。掃除中の部屋がチラリと見えてしまったのが良くなかった・・・orz

DSC02628.jpgDSC02633.jpg
DSC02629.jpgDSC02632.jpg

ホテルで荷物をおいたら早速、明洞中央路を散策です。
なんっていうか想像以上の活気と人混みです。中央路沿いに並ぶお店は横文字の韓国っぽくないお店が多いのですが、一歩路地へ入るとハングルな感じのお店が建ち並んでいます。そして思っていた以上に日本人が多いです。

DSC02641.jpgDSC02661.jpg

そして韓国っぽい屋台も特徴的。
流石に腹をこわすのも怖いし、臭いもヤバメな感じだったので屋台の食べ物?を買う勇気は全くなかったのですが、娘が屋台のポテトが食べたいと言うので買ってあげました。見るからに油っぽい。でも若いから大丈夫なようです。僕は一口分けて貰っただけでご馳走様な味でした。他にも謎な食べ物は数多く屋台で売られてました。

DSC02640.jpgDSC02657.jpg

そして韓国といえば化粧品。
日本の化粧品に比べて安いし、韓国の女性は美容に対して意識が高いので、品質も良い(らしい)。兎にも角にも買い得らしいです。結局ウチはあまり買うことはなかったのですが、化粧品を買いに韓国に行く人も多いとか聞きます。個人的には巷で有名なカタツムリクリームが気になって仕方がありませんでしたが、結局買いませんでした。

お腹も空いたところで、やっと僕のターン。41 年の歴史と伝統の百済参鶏湯へいざ行かん!
普通のサムゲタンは 14000 ウォンなのですが、せっかくなので 25000 ウォンの烏骨鶏参鶏湯を注文しました。真っ黒な身がグロテスクですが烏骨鶏は栄養価が高いので体にも良いはず。骨まで真っ黒なのが印象的です。人生初の烏骨鶏サムゲタンは想像していたとおりの美味でスープまで飲み干しました。(≧∇≦)b
韓国では料理をオーダーすると必ずと言っていいほどキムチが出てくるのですが、食べると次々に足されるので注意が必要です。ちょっと残すのがお腹いっぱいのマナーらしいですね。
後日談ですが一番安い普通のやつで十分美味しいと聞きました。そしてテーブルにおいてある塩で味を整えるのが通らしいです。

DSC02648.jpgDSC02650.jpg

食べたら日もくれて夜になってました。次の目的地は書店です。
noon っていうビルに向かい、目的の書店でハングルな書籍を物色。日本の漫画文化がかなり浸透してて、ジャンプコミックが買いたかったのですが、どうせ読めないので止めました。結局、書籍は一冊も買わず、少女時代の CD を購入しました。帰国して CD を聞いて初めて気がついたのですが、思いっきり日本語版でした・・・orz

DSC02665.jpgDSC03235.jpg

最後の気力を振り絞って南大門へ。
と、ここでタクシーに乗って移動すれば良かったのですが、徒歩を選択したのが大間違い。道に迷ってしまい暗くてよくわからないし大変な目に遭いました。仕方なくスマホを起動してローミングして Google Map を表示するも、表示される地図がハングルなもんですから全く意味がありませんでした。途中で南大門を諦めて何とかセジョンホテルまでたどり着くことができました。
道中にあったサウナに入りたくて仕方がありませんでしたが、用意も何もしていないし、女性だとはいどうぞ。って訳にもいかないので諦めました。(´・ω・`)ショボーン。

DSC02669.jpgDSC02672.jpg

小腹が空いていたので、ホテル近くのコンビニでコーヒーとお菓子を仕入れ、使い慣れないリビングで、理解不能なハングル語の料理番組を見つつお菓子とコーヒーで休憩タイム。一休みしたところで、ガラス張りのシャワー室で体を洗い、広いお風呂に入り、歯を磨いて9時過ぎに就寝。

初日からなかなかハードに楽しめた一日でした。

つづく

- スポンサーリンク -