ディスク複製で LVM の VG(VolumeGroup)名の重複の解決方法

前エントリの SSD ベンチマーク前々エントリの SSD 購入報告で書いたように、自宅サーバのストレージを HDD から SSD へ移行する際に、LVM の VG(VolumeGroup)名が重複していたために、簡単にはディスクコピーができず苦しんだばかりか、ディスクコピーをした後に、正常起動させるまでに更に苦しんだ備忘録です。

まず結論というか今後の自分へのアドバイス。インストール時の LVM 設定では、必ず VG(VolumeGroup)名をデフォルトの VolGroup00 を日付などを用いて VolGroup100321 みたいにユニーク化して、他と重複させない癖を付けよう!

さて、今から備忘録として記述する Linux のディスク交換の方法は、クローン作成の最適解でも何でもない方法だと思うけど、自分的には非常に慣れ親しんだ方法なので精神的に楽です。

- スポンサーリンク -

まず、僕が知っているディスクのクローン作成・・・っていうか、ディスクを交換しても同じ状態で復帰させる方法は、過去に紹介したもの含めて3手法です。もっともこれ以上に方法はあると思いますが現状これで不都合はありません。

  1. TrueImage などクローン作成ツールを利用して、ディスクの複製を作成する方法
  2. RAID 構成のサーバで Linux を大量インストールする時の簡略化検討 で紹介した、ディスクのイメージを作成する方法(方法1に違い)
  3. Linux サーバ構築術 - 大量インストールする時の簡略化検討その2 で紹介した、rsync などでファイルの同期コピーを利用する方法

ちなみに今回選択した方法は、もっとも時間がかかる方法3です。理由は簡単です。SSD は書き換え制限が存在するので、なるべく書き込みブロック数を減らしたかったと言うことです。方法1はセクター単位でイメージコピーするため、本当に完全なクローンを作成することができますが、元 HDD が 230GB なので、SSD も 230GB 分が Write 済みになってしまいます。しかもその後で残りの 26GB を利用可能状態にするためには、パーティションサイズの変更という作業が生じてしまいます。方法2もほぼ同様の作業が必要。そんなわけで、いったん SSD に交換して最小構成で fedora をインストールして、再度 HDD 状態に戻してから SSD を eSATA 接続して、必要なファイルを rsync でごっそり転送することにしました。

トラブル1. LVM の VG 名が重複しているので mount できない!

この方法でディスク同期をさせたことがなかったので、思いっきり初歩的ミスではまりました。LVM は VG 名が重複しているとディスクをマウントできないのです。初めはその知識すら持ち合わせていなかったので、何故にマウントできないっ!って悩みました。

とりあえずシングルモードで起動させる。シングルモードでの起動方法はここらへんを見れば解決します
そんでもって、eSATA 接続で SSD をつなげます。/dev/sdb が接続した SSD っぽいのでマウントしてみる。/boot に相当するパーティションは苦しむことなく接続できる。

[root@srv01 dev]# mount /dev/sdb1 /media
[root@srv01 dev]# ll /media
合計 7897
-rw-r--r-- 1 root root 1406155 2008-11-19 02:10 System.map-2.6.27.5-117.fc10.x86_64
-rw-r--r-- 1 root root   84992 2008-11-19 02:10 config-2.6.27.5-117.fc10.x86_64
drwxr-xr-x 3 root root    1024 2010-03-18 05:25 efi
drwxr-xr-x 2 root root    1024 2010-03-18 05:36 grub
-rw------- 1 root root 3897402 2010-03-18 05:27 initrd-2.6.27.5-117.fc10.x86_64.img
drwx------ 2 root root   12288 2010-03-18 05:13 lost+found
-rwxr-xr-x 1 root root 2637056 2008-11-19 02:10 vmlinuz-2.6.27.5-117.fc10.x86_64
[root@srv01 dev]# umount /dev/sdb1

お次に / 配下をマウントしてみる。なんだかマウントできない。

[root@srv01 dev]# mount /dev/sdb2 /media
mount: unknown filesystem type 'lvm2pv'

[root@srv01 dev]# mount -t ext3 /dev/sdb2 /media
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdb2,
       missing codepage or helper program, or other error
       In some cases useful info is found in syslog - try
       dmesg | tail  or so

そういえば LVM のマウントの仕方は違うんだと気がつき LV(Logical Volume)名を記述しようとするが・・・そうです。VG 名が重複しているので、SSD 側を有効化することができません!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とりあえず現情報を採取します。

[root@srv01 dev]# fdisk -l
Disk /dev/sda: 250.0 GB, 250059350016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 30401 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x98deb064

 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1          25      200781   83  Linux
/dev/sda2              26       30401   243995220   8e  Linux LVM

Disk /dev/sdb: 256.0 GB, 256060514304 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 31130 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x6b41ecd3

 デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1   *           1          25      200781   83  Linux
/dev/sdb2              26       31130   249850912+  8e  Linux LVM

[root@srv01 dev]# pvscan
  PV /dev/sdb2   VG VolGroup00   lvm2 [238.25 GB / 32.00 MB free]
  PV /dev/sda2   VG VolGroup00   lvm2 [232.69 GB / 32.00 MB free]

[root@srv01 dev]# vgscan
  Reading all physical volumes.  This may take a while...
  Found volume group "VolGroup00" using metadata type lvm2
  Found volume group "VolGroup00" using metadata type lvm2

[root@srv01 dev]# lvscan
  ACTIVE            '/dev/VolGroup00/LogVol00' [230.22 GB] inherit
  ACTIVE            '/dev/VolGroup00/LogVol01' [8.00 GB] inherit

[root@srv01 ~]# vgdisplay
  --- Volume group ---
  VG Name               VolGroup00
  System ID
  Format                lvm2
  Metadata Areas        1
  Metadata Sequence No  3
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                2
  Open LV               2
  Max PV                0
  Cur PV                1
  Act PV                1
  VG Size               238.25 GB
  PE Size               32.00 MB
  Total PE              7624
  Alloc PE / Size       7623 / 238.22 GB
  Free  PE / Size       1 / 32.00 MB
  VG UUID               K6qWBo-uvhY-5tgW-IZir-satd-4xnQ-8jUBBF

  --- Volume group ---
  VG Name               VolGroup00
  System ID
  Format                lvm2
  Metadata Areas        1
  Metadata Sequence No  3
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                2
  Open LV               2
  Max PV                0
  Cur PV                1
  Act PV                1
  VG Size               232.69 GB
  PE Size               32.00 MB
  Total PE              7446
  Alloc PE / Size       7445 / 232.66 GB
  Free  PE / Size       1 / 32.00 MB
  VG UUID               o35Yvk-Q56c-rTAI-Xf7D-w1Rd-NNsp-J3fp6z

VG 名を変更しないと始まらないので、SSD 側の VG 名を変更する。手順は下記の通り。覚えておくと便利。UUID 名は前述の vgdisplay で検出することができます。

vgrename VG名
vgchange -ay VG名
mount /dev/VG名/LV名 /media
[root@srv01 ~]# vgrename K6qWBo-uvhY-5tgW-IZir-satd-4xnQ-8jUBBF VolGroup1003
  Volume group "VolGroup00" successfully renamed to "VolGroup1003"
[root@srv01 ~]# vgchange -ay VolGroup1003
  2 logical volume(s) in volume group "VolGroup1003" now active
[root@srv01 ~]# mount /dev/VolGroup1003/LogVol00 /media

これで無事にマウントできる状態になっているはずです。マウントしてみます。

mount /dev/VolGroup1003/LogVol00 /media

マウント成功!(*^ー゚)b

お次は全てのファイルを rsync で転送。ログとか更新が常時発生する部分は差分が発生するけど、まぁ細かい部分は気にしない。また rsync 中に更新が発生しているファイルは同期に時間がかかってしまうけど、それも気にしない。rsync 中は負荷がめちゃくちゃ高くなるけど、シングルモード起動なので気にしません。

rsync -av /etc /media/
rsync -av /lib /media/
rsync -av /lib64 /media/
rsync -av /opt /media/
rsync -av /sbin /media/
rsync -av /selinux /media/
rsync -av /bin /media/
rsync -av /root /media/
rsync -av /home /media/
rsync -av /tmp /media/
rsync -av /usr /media/
rsync -av /var /media/

次に /boot 部分を同期させる。パーティションが違うので /dev/sdb1 をマウントをさせる。

umount /dev/VolGroup1003/LogVol00
mount /dev/sdb1 /media
rsync -av /boot/ /media/
umount /dev/sdb1

VG 名が VolGroup00 から VolGroup1003 へ変わるので、コピーしたファイルの内、2つだけ変更する箇所があります。

/boot/grub/grub.conf を変更

mount /dev/sdb1 /media
vi /boot/grub/grub.conf

青文字の部分が修正した部分です。VolGroup00 → VolGroup1003 へ変更します。

title Fedora (2.6.27.21-170.2.56.fc10.x86_64)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.27.21-170.2.56.fc10.x86_64 ro root=/dev/VolGroup1003/LogVol00 rhgb quiet
        initrd /initrd-2.6.27.21-170.2.56.fc10.x86_64.img

/etc/fstab も変更。/boot が UUID で記述されているので UUID が抽出です。

umount /dev/sdb1
mount /dev/VolGroup1003/LogVol00 /media
[root@srv01 etc]# blkid
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol01: TYPE="swap" UUID="d00249d8-eb6e-4ed8-99c8-db74c6786ec1" 
/dev/sda1: LABEL="/boot" UUID="8b5b33bb-215b-4327-aa77-dab83aef01da" TYPE="ext3" SEC_TYPE="ext2" 
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00: UUID="216de8ab-a156-49c2-a52c-d82909513b70" TYPE="ext3" 
/dev/sda2: UUID="ROPddb-M2a9-JEWJ-F7cY-u0BG-jMSK-Azqzq5" TYPE="lvm2pv" 
/dev/VolGroup00/LogVol00: UUID="216de8ab-a156-49c2-a52c-d82909513b70" TYPE="ext3" 
/dev/VolGroup00/LogVol01: TYPE="swap" UUID="d00249d8-eb6e-4ed8-99c8-db74c6786ec1" 
/dev/sdb1: LABEL="/boot" UUID="dfc129dd-205b-4e4d-9cd5-36fe4d4ea6d1" SEC_TYPE="ext2" TYPE="ext3" 
/dev/sdb2: UUID="OPfER5-clJo-wSBP-1PV9-tBJj-wD83-DVDfx5" TYPE="lvm2pv" 
/dev/dm-2: UUID="88b2e4da-0f9a-4f5b-9f77-fa83f519ad11" TYPE="ext3" 
/dev/dm-3: UUID="e7e4604c-7b6a-4640-8032-403b343b9cb7" TYPE="swap" 
vi /media/etc/fstab

青文字部分が変更部分です。UUID は blkid から /boot となっている部分をコピペします。

/dev/VolGroup1003/LogVol00 /                    ext3    defaults,noatime        1 1
UUID=dfc129dd-205b-4e4d-9cd5-36fe4d4ea6d1 /boot                   ext3    defaults        1 2
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
devpts                  /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
sysfs                   /sys                    sysfs   defaults        0 0
proc                    /proc                   proc    defaults        0 0
/dev/VolGroup1003/LogVol01 swap                 swap    defaults        0 0

ちなみに最初は /etc/fstab の書き換えを忘れていたのですが、これを忘れるとこうなります。

DSC_0984.jpg

これで SSD へ付け替えて再起動すれば、無事に元通りの環境として起動するはずです。

トラブル2. なぜか起動しない。

画面撮影を忘れてしまったのですが、何故か、intel matrix storage manager option ROM なんらたってホント初めの部分でフリーズしてしまって先に進めません。超焦りました。とりあえず MBR (マスターブートレコード)が破損したと思い、インストールディスクをレスキューモードで起動させます。起動オプションで、見つかったデバイスはマウントするを選択します。/media/sysimage で SSD がマウントされました。grub-install で MBR を再構築します。

sh-3.00# chroot /mnt/sysimage
sh-3.00# grub-install /dev/hda
Installation finished. No error reported.
This is the contents of the device map /boot/grub/device.map.
Check if this is correct or not. If any of the lines is incorrect,
fix it and re-run the script `grub-install'.

# this device map was generated by anaconda
(hd0)     /dev/sda

うまくいったようなので再度 SSD から起動させます。変更が必要な部分は書き換えたはずなのですが、まだ下記のエラーが発生して起動できません。どうやらこの方法でのクローン作成は VG 名を変更しては起動できないようです。

DSC_0984.jpg

仕方がないので、もう一度インストールディスクをレスキューモードで起動させます。
まずは、grub.conf と fstab の書き換えを行っておきます。VolGroup1003 → VolGroup00 と再修正します。UUID の方は SSD の UUID じゃないとダメなので修正した内容のままで正しい状態です。

chroot /mnt/sysimage
vi /mnt/sysimage/etc/fstab
vi /mnt/boot/grub/grub.conf

次に VG 名を再変更します。vgchange コマンドで VG 名を元通りの VolGroup00 へ戻してやります。vgrename や vgchange はレスキューモードだと /sbin 配下に存在しないため、SSD 側の /media/sysimage/sbin から /tmp へコピーしておきます。

vgchange 実行前に umount /dev/VolGroup1003/LogVol00 する必要があるのですが、レスキューモードの場合はマウントの仕方が違うようで、下記のように、ちまちま umount してあげる必要があります。マウントを解除したら3つのコマンドを実行。これは前述してきた方法と同じですね。

cd /tmp
cp /mnt/sysimage/sbin/vgchange ./
cp /mnt/sysimage/sbin/vgrename ./

umount /mnt/sysimage/boot
umount /mnt/sysimage/sys
umount /mnt/sysimage/proc
umount /mnt/sysimage/dev/pts
umount /mnt/sysimage/dev
umount /mnt/sysimage/selinux
umount /mnt/sysimage
swapoff /dev/VolGroup00/LogVol01

./vgchange -an VolGroup1003
./vgrename K6qWBo-uvhY-5tgW-IZir-satd-4xnQ-8jUBBF VolGroup00
./vgchange -ay VolGroup00

以上の作業をもちまして、SSD ブートが可能となり、元ディスクと同じクローン環境として移行完了しました!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

こんな面倒な方法をとらなくても、もっとよい方法があると思います。こんなことならば、TrueImage でクローン環境を作った方が時間的労力を考えると、はるかによかったと思いました。

おしまい。

Acronis True Image Home 2009 (Amazon.co.jp購入者対象:その場で500円割引き)
ラネクシー (2009-09-11)
売り上げランキング: 73
おすすめ度の平均: 4.0
3 市販されているソフトウェアの中ではこれが一番だ
5 ほとんど隙なしの完成度で唸ってしまう?
5 旧バージョンの不満がほぼ解決された。
4 やっぱり常備品、でもパーティション操作がやっぱり付かなかった
- スポンサーリンク -