行田・湯元天然温泉「茂美(もみ)の湯」に行ってきました

すばらしい!今まで行った温泉の中でダントツ一番だっ!

えーっと・・・興奮してしまいました。昨日、自宅から30klm離れた行田・湯元天然温泉「茂美(もみ)の湯」に行ってきました。正直30kmも離れていると思っていなかったので、軽い気持ちだったのですが、以外や遠く1時間以上もかかってしまいました。これはもう温泉旅行の部類です。はい。

正直、茂美(もみ)の湯に到着したときはどうしようかと思いました。何か間違えたかなぁ〜と思っちゃいました。車の中で散々期待感をあおった手前、これは違うだろ感満点です。

200906131221000.jpg

ま、悩んでいても仕方がないし、周りに何もないし、とりあえず中に入りましょ。

- スポンサーリンク -

200906131040000.jpg

えーっとここから撮影禁止です。温泉の写真はそちらでどうぞ。リニューアルしたくなるような公式サイトはこちら

温泉を見たらびっくりです。広い。広すぎる。日本庭園を模した庭園に合計11の風呂があります。僕的には、背湯、露天ひのき風呂、みつみの湯の3つが相当気に入りました。

img1.png

<源泉かけ流し>

檜内風呂
硫黄の香りがただよう檜の内風呂は100%源泉かけ流しです。内風呂には興味がないので入りませんでした。

壺風呂
ゆったり大きな壺風呂は計3つあるので、順番待ちで入れないってことは無いと思います。一番最初にツボ風呂に入りました。

ほほえみの湯
浅めの湯船は寝湯感覚で楽しめて、半身浴に最適です。ゆったりと温まりたい方は中央の湯船でどうぞ・・・なんだけど、ここはちょっと狭かった。

背湯
背湯の名のとおり背にお湯が流れる腰掛湯なんだけど、それ以上に目の前で回る水車と滝の水の音が何とも心をリラックスさせてくれます。背湯はほとんど楽しまず、普通に腰掛け湯として水の音を楽しみました。一番のお気に入り。

里咲(りさ)の湯
渓谷の杜を見下ろすようにある「里咲の湯」は熱めのお湯が好きな方にお勧めの「あつ湯」です。あつ湯は好きなんだけど、備え付けのTVの音がうるさいのですぐにでました。TVの音が実に残念。

みつみの湯
香りを楽しんでいただくため、入浴剤を添加しています。今日はオレンジの香りでした。密室で蒸気と共に香るオレンジの香りが何ともリラックスさせてくれます。ここもお気に入り。

<循環ろ過式:塩素投入あり>

露天ひのき風呂
【炭酸泉温泉】 露天吉野檜風呂が【炭酸泉温泉】に変わりました。他のお湯と違う感触が楽しめます。肌がすべすべする感触を楽しむことができます。ここもお気に入りなんだけど、備え付けのTVの音が実に残念。

ひろの湯
茂美(もみ)の湯で一番広いお風呂です。中央に足ツボを刺激する凸凹があります。ちょっとお湯がぬるいので好みではありません。

洞窟風呂
中は広い円形のドーム型になっております。洞窟になっておりますので温泉の蒸気が堂内に満ちており美肌効果に最適です。ここもお湯はぬるいけど、子供が遊ぶには最適の場所ですね。

サウナ風呂
広々とした室内から露天風呂等をお楽しみ頂きながら、遠赤外線と麦飯石や備長炭等による、マイナスイオンの効能を楽しみます。なんだけどサウナは入りませんでした。

水風呂
温泉でゆっくりと暖まった後の水風呂は、毛穴を引き締め美肌にも効果的です。ここもサウナ入っていないので入りませんでした。おっちゃんが泳いでました・・・|ι´Д`|っ


それとは別に、サービスで塩がどっちゃり入ったバケツがツボ風呂の横に置いてあります。塩で体を引き締めるらしいです。ちょっとおケツがヒリヒリしたけど全身を塩で洗いまくりです。男風呂で塩を使っているのは僕1人でしたが、女風呂では塩を使う人が結構いたみたいです。というか、男風呂は人も少なく広々としていたのですが、女風呂は結構年配の方々が多かったようです。

結論。
さいたま市周辺に住んでいる方で温泉、スーパー銭湯が好きな方は是非行くべきですよ。ココ。
お隣はホテルになっているので、何でしたらお泊まりコースもありです。5,450 円で温泉つき一泊と激安だった記憶があります。なのでちょっと遠い方でも安心。(*^ー゚)b


泉質
ナトリウム炭酸水素塩・塩化物温泉  (弱アルカリ性低張性温泉)

温泉成分
温泉成分は、炭酸水素イオンとナトリウムイオンと塩素イオンです。
これらの溶存物質の総量が1000mg/kg以上あれば純重曹泉に分類される事となります。当施設ではこれらの溶存物質の総量が1.200mg/kgと言う豊富な量に恵まれ、良質な純重曹泉となり最高級の温泉になりました。そして湯の花にも大変恵まれ、とても贅沢で尚且つ『美人の湯』と言う命名に非常にふさわしい温泉となっております

- スポンサーリンク -