帆立と筍(たけのこ)とブロッコリーのあっさり炒め

コレも10年以上前に以前香港で食べたような気がする料理を記憶を頼りに作った帆立の炒め物です。

紹興酒ベースの塩味だった記憶があるので、あとはウェイパーベースで適当に調理。しかもこれを今晩唯一のおかずにする予定だったので、鱈と椎茸も加えてボリューム満点になるように適当にアレンジ・・・というか素のレシピが脳内なのでアレンジもくそもない。

今週テレビでフカヒレ料理を見たときにも、紹興酒と上湯でスープを作っていて旨そうだった。そんなのをイメージしながら調味料を配合してみる。できあがったのはこんな感じ。

DSC_0321.JPG

紹興酒ベースの味付けにチャレンジしたのは実は初めてに近かったのですが、コレ意外とはまる味です。

- スポンサーリンク -

帆立と筍(たけのこ)とブロッコリーのあっさり炒めの作り方(2人前)

材料
帆立: 10切れ程度
生鱈: 2切れ
生椎茸: 2つ
タケノコ: 100g程度 (水煮の小さいヤツ半分程度で適当に・・・)
ブロッコリー: 150g程度 (小さめの房なら半分程度使うくらいで適当に・・・)
にんにく微塵切り: 小さじ1
生姜微塵切り: 小さじ1
鷹の爪: 2つ

タレ調味料
水: 200cc
紹興酒: 大さじ1
砂糖: 小さじ1/2
中国醤油: 少々(小さじ1/3程度)
塩、胡椒: 少々
ゆで汁: 100cc

その他調味料
水溶き片栗粉: 大さじ1〜2
花椒粉: 少々

作り方(レシピ)

  1. 帆立と鱈の下ごしらえ。帆立は横半分に薄く切り、鱈は皮を剥いで食べやすいサイズに切り、塩・胡椒をしたら紹興酒(分量外)に10分ほど漬け込む。
  2. ブロッコリーを食べやすいサイズに切る。椎茸と筍を厚さ5mm程度で切る。
  3. 熱湯約 800cc にサラダ油大さじ5を加えて沸騰させたら、ブロッコリーを1分茹で、そこに筍を加えて30秒。茹であげたらザルに取り上げる。
  4. 中華鍋を油慣らししておく。
  5. 同じ湯を再び沸騰させ、次に帆立と鱈を20秒茹でる。※油がもったいなくなければ、油通しの方がベターです。
  6. 中華鍋に油大さじ1を加えて、にんにく、生姜を炒めて香りが出たら、鷹の爪を加えて椎茸を強火でさっと炒める。
  7. そのまま強火で帆立、鱈を加えて10秒ほど炒めたら、ブロッコリー、筍、タレ調味料を加えて一煮立ちさせる。味付けは塩、胡椒で好みに調整します。
  8. 水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げに花椒粉を振りかけて香り付けしたら完成!

何と言っても、この料理のポイントはタレの旨さにあります。食べ終えて残ったタレをそのまま捨てるのがもったいなかったので、ご飯を混ぜてタレ含めて完食!

ゆで汁は捨てずに、そのままスープのベースに再利用できるので、最後まで無駄なく美味しい料理です。新筍のこの時期に是非どうぞ〜

- スポンサーリンク -