簡単レシピ - 関西風お好み焼きの作り方

お好み焼きです。僕は大好物なのに何故か我が家では一度も食卓にあがることがなかったのです。非常に残念です。

仕方がないので自分で作ることにしました。市販のお好み焼きの素を買ってきてタネをつくっちゃえばもっと簡単なのですが、自宅にある調味料でも十分美味しく仕上がります。

DSC_0365.jpg

奥さんも予想外の美味しさにお好み焼きを見直したようです。これで我が家の食卓にもお好み焼きがあがることが許されました。w

- スポンサーリンク -

簡単レシピ - お好み焼きの作り方(2人前)

材料
キャベツ: 250g程度(1/3〜1/2玉くらい)
万能ネギ: 3本分を小口切りで ※太く白いネギじゃなくて緑の部分が多い細いネギで。
天かす: 大さじ4程度
薄切り豚バラ肉: 適量(6枚くらい〜)
イカ、海老など海鮮類: 適量(お好みで・・・)

タネ調味料
小麦粉: 150g
和風だし: 100cc ※お湯100ccに和風だし粉末を小さじ1/2
卵: 1個
塩: 小さじ1/3
胡椒: 少々
紅ショウガの汁: お好みで小さじ2程度。

仕上げの鰹節と青のり
鰹節: たっぷり
青のり: 適量(お好みで)

ソース
ウスターソース: 大さじ3
ケチャップ: 大さじ1.5
マヨネーズ: 大さじ1

作り方(レシピ)

  1. キャベツを3mm程度の太さの千切りに、ネギも3mm程度の太さの小口切りにします。
  2. タネを作ります。タネ調味料を全部よく混ぜます。よく混ぜたらキャベツとネギを天かすを加えてよく混ぜます。具材に満遍なくタネがついている程度でOKなのです。
  3. 二枚に分けて焼きます。それぞれ材料は半分ずつで。
  4. 温めたフライパンに油小さじ1.5をして油ならししたら、その上にタネと混ぜた材料をどっちゃりのせます。厚み2cmを目標に形を丸く整えたら、その上に、豚肉や海鮮類をのせて、形を丸く整えながら3分やや弱火で焼きます。
  5. フライパンを揺すりながら生地をフライパンから剥がし、一気にフライパンを振ってひっくり返します。ここ失敗すると最悪。※お好み焼き用のテコを2つで一気にひっくり返すと失敗しないかも。
  6. フライパンに蓋をして、弱火で5分蒸し焼きにします。
  7. 蓋を取ったら、1分間中火で焼いたら、またひっくり返して、表面を中火で1分焼いて完成!混ぜたソースを塗りたくり、青のり、鰹節をふりかけてアツアツのうちに食べよう!

ポイントはひっくり返すときに失敗しないこと。ココが唯一の難関です。テフロンが良く効いたフライパンを使うと生地がくっつかなくて失敗が少ないと思います。
あとは焼いてる最中に、むやみに押しつけないことですね。押しつけてしまうとふっくらしたお好み焼きに仕上がりません。

このレシピは、まぁ〜いわゆる関西風お好み焼きってやつでしょうか。多分に自己流が入ってますけど・・・キャベツとネギの自然な甘みが何とも言えない一品でビールと最高の相性です。

お好み焼きを久々に作ったら、むしょうに大阪の旨いお好み焼きが食べたくなってきました。あまりコレと言った思い出もない大阪勤務時代を思い出してしまいました。そうそう、道頓堀で奥さんと一枚 2,500 円ほどする、えらい高いお好み焼きを食べたんですよね。でも一番美味しかったのは、梅田駅周辺の適当なところで食べたネギたっぷりのお好み焼きだったなぁ〜

- スポンサーリンク -