筑紫楼の頂上麺(フカヒレ麺)をマネしてみるレシピ

あのフカヒレ料理で有名な中華料理店「筑紫楼」のラーメン専門店「頂上麺(チョウジョウメン)筑紫樓ふかひれ麺専門店」に行ってきました。東京駅構内にあります。本当は写真を撮りたかったのですが、へたれなのでケータイもカメラも忘れてしまったので写真無しです・・・orz

店内で何を食べるか結構悩む。。。本来なら 2,600 円の「ふかひれ姿煮込みつゆそば」を迷わず食すべきなのですが、ラーメンで 2,600 円!?と考えるとなかなか注文をためらってしまう。へたれな僕は 1,300 円の頂上麺を頼みました。

やはりフカヒレの感触を楽しむことはあまりできません。でもスープはあのフカヒレ煮込み用スープそのままんの味なので高級感を楽しむことができました。ってことで、自宅に帰った次の日、味をマネできるか挑戦してみました。再現ではないですよ。

- スポンサーリンク -

筑紫楼の頂上麺(フカヒレ麺)をマネしてみる材料

材料(二人分)
ラーメン(細麺):2袋 / 青梗菜:1パック / 春雨:一握り

ふかひれスープ
水:800cc / 中華だし(味覇):小さじ2 / 帆立だし:小さじ1.5 / 紹興酒:大さじ1 / 醤油:大さじ1 / 
オイスターソース:大さじ2 / 生姜汁:小さじ1/2 / 葱油:小さじ2
※写真内のゴマ油は使わず、葱油を使いました。

キャラメル用
砂糖:小さじ2

DSCN6805.JPGDSCN6807.JPGDSCN6809.JPGDSCN6811.JPGDSCN6814.JPG
DSCN6819.JPGDSCN6816.JPGDSCN6818.JPGDSCN6821.JPGDSCN6822.JPG

作り方(レシピ)

  1. マズ始めに、付け合わせの青梗菜を茹でておきます。あまりクタクタにならない程度で。
  2. スープを作ります。スープ材料を全て鍋に入れて煮込みます(※葱油だけは沸騰後にで)。
    中華だしの素は味覇(ウェイパー)ってやつをスーパーで買ってきましょう。一般に市販されている中で最も美味しい中華だしと思います。
  3. 砂糖からキャラメルを少量作ります。キャラメルになったら、すぐにスープを入れて溶かします。
    (※正直、このキャラメルが必要かは微妙。あの茶色く甘いスープはキャラメルでも混じってる?と思っただけで・・・)
  4. 麺を茹でてる間に、スープに水溶き片栗粉を大さじ3を加えまて、あんを作ります。
  5. 茹で上がった麺に青梗菜を添えて、あんをかけたら完成!

フカヒレラーメンをマネると言うことは、あのスープの再現を目指すと言うこと。フカヒレスープは、老鶏と豚骨をじっくり煮込んで抽出した白湯(パイタン)、乾物エキス、オイスターソース、紹興酒、香り高い葱油、鶏油がベース。鶏油は自宅になかったので割愛。乾物エキスは帆立だしの素くらいしかスーパーで見つからなかったのでそれで代用。

まぁ、結果的に方向性はあってるよね。って感じの味になりました。乾物系のエキスが足りないですね。
まだまだ再現には遠い・・・

DSCN6825.JPG

その後、楽天を物色してみましたら、苦労しなくてもお安い値段でフカヒレ煮込用スープが売ってました。フカヒレの姿煮もうまそぉ〜。僕のお薦めは、「日本橋 古樹軒」のフカヒレですね。

紅焼醤(フカヒレ煮込用スープ)200g紅焼排翅(尾びれ姿煮)超特大胸びれ姿煮(煮込み用スープ付)【ギフト】ふかひれ味わいセット(4点セット)
- スポンサーリンク -