夏バテ解消!酸味の効いた美味しい野菜炒めレシピ

クーラーの効いた部屋で発汗経験がない子供は、発汗細胞が発達せず体温調節が苦手な子供になってしまうそうです。なので今年は赤ちゃんの発汗練習をするために、なるべくエアコンをつけることなく寝ることが多いのですが、クーラー病ではないと思うのですが、やっぱり夏は苦手なようで体力の消耗度が激しいです。

そこで、良く作っていた数種類のレシピの野菜炒めの中でもお酢をきかせたサッパリ味の野菜炒めを久々に作ることにしました。付け合わせで酸辣湯も作りましたが、今回ご紹介するのは夏バテ解消!酸味の効いた美味しい野菜炒めレシピです!

- スポンサーリンク -

夏バテ解消!酸味の効いた美味しい野菜炒めレシピ

材料料(2人前)
ニラ:1/2袋
もやし:1/2袋
しめじ:1袋
玉ねぎ:1/2個
ピーマン:1個
豚バラ肉:200g

肉の下ごしらえ調味料
片栗:小さじ1
日本酒:大さじ1
油:大さじ1
にんにく微塵切り:1/2欠片
生姜絞り汁:小さじ1
胡椒:少々
醤油:小さじ1

味付け調味料 1
日本酒:大さじ1
穀物酢:大さじ2
オイスターソース:小さじ1
中華出しの素:小さじ1

味付け調味料 2
にんにく微塵切り:1/2欠片
豆板醤:小さじ1

DSCN4130.JPGDSCN4132.JPGDSCN4137.JPGDSCN4138.JPGDSCN4142.JPG

作り方(レシピ)
家庭用の火力で美味しい野菜炒めを作るコツは炒めるスピードを最速にしつつ火を通す術を模索することです。ちょっとした手間で数倍美味しくなります!

  1. 下準備として豚バラ肉を適度の食べやすい大きさに切り、下ごしらえ調味料を入れて手で良く揉んで30分ほど放置。
  2. 野菜を食べやすい大きさに切り、玉ねぎ、ピーマンとそれ以外に分けておく。また味付け調味料 1 をよく混ぜておく。
  3. 中華鍋(北京鍋)を中火で熱し煙が出たら、ちょっと多めに油を入れ更に熱する。煙が出たらOKの合図。
  4. 最大火力で熱の通りにくい玉ねぎとピーマンを始めに炒める。適度に火が通れば(だいたい1分程度)、一度ボールにだす。
  5. 再び同じように油をひいて中華鍋(北京鍋)を熱し、にんにくと豆板醤を入れサッと炒めたら豚肉を投入し、最大火力でよく炒める(だいたい1分程度)。途中、味付け調味料 2 を大さじ1程度入れる。
  6. 残りの野菜を投入し、最大火力で炒め(だいたい1分程度)、先に炒めておいた玉ねぎとピーマンを投入。まだシャキシャキ感があるうちに、残りの味付け調味料 2 を中華鍋(北京鍋)の縁に回すように振りかける。すぐに焦げた良い香りがするので、それで完成!

ダラダラと炒めていると、野菜からどんどん汁が出てきてベチャベチャした良くある野菜炒めになるので注意して下さい。作り始めたら、5分あれば完成しているはずです。

- スポンサーリンク -